さるかにばなし (世界名作ファンタジー18)

著者 : 平田昭吾
制作 : 井上 智 
  • ポプラ社 (1986年1月17日発売)
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (44ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591021651

さるかにばなし (世界名作ファンタジー18)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  

  • (2016年9月)
    うちの蔵書。近所のKさんからいただいたもの。

    ・おかあさんカニが死なない
    ・牛の糞がいない

    あたりが新鮮だった。

    (2017年12月)
    出してきて読み。
    最後は猿と仲直りするんだよなあ…。

  • さるが柿の種を拾った向こうからおにぎりがやってくると思ったらそれはおにぎりをもった母蟹だった。
    おにぎり1つじゃ子蟹が全員満腹にならないし、自分は今お腹が減っていると言ってまんまと柿の種とおにぎりを交換する。
    柿の実がなるが、母蟹は木の幹をどうしても登れない。
    そこへさるがやってきて取ってくれるかと思いきや自分で食べるのみ。
    青柿を投げつけられた母蟹はケガをする。
    栗、蜂、臼にかたき討ちをされたさるは改心し、それからはかにの親子と仲良くする。

    かにの子供たちが仕返しに参加しないとは。

    はやく芽を出せ柿の種の歌も文章に盛り込まれていて分かりやすい。
    おどかされた柿の木はスクスクと成長している。

全3件中 1 - 3件を表示

さるかにばなし (世界名作ファンタジー18)のその他の作品

平田昭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
かがくい ひろし
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする