とびだせズッコケ事件記者 (ポプラ社文庫 (A187))

著者 :
  • ポプラ社
3.56
  • (4)
  • (8)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591022559

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [墨田区図書館]

    ズッコケ三人組の第7巻。
    とりあえずこのシリーズについては、私は気が向いたら読むぐらいにしておこう。王様シリーズやゾロリシリーズ同様、もうシリーズのカラーは確立されているし、内容的にはどうとでも。

  • 今回のズッコケは正統派の児童書と言う感じ!

    三人のキャラが益々引き立ってきて面白い!
    学校新聞、私も小学生の頃作っていたなぁー!

  • あの厳しい宅和先生の意外にもおおらかな人柄と、ハチベエのちゃっかりしたキャラクターが存分に発揮された一冊。これぞという大きな盛り上がりがあればなおよし。

  • モーちゃんってばヒョウキン(≧∇≦)b

  • 古本で購入
    7巻

  • 最初はオオゲサ、デタラ目な記事を書いていたハチベエが、宅和先生の娘さんの真剣なお願いに、現段階で記事にするのをやめるくだりは、子どもの成長は大人が真摯な態度で向き合ってこそ、と考えさせられる。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

那須正幹(なすまさもと):広島県生まれ。児童書の大ベストセラー「ズッコケ三人組」シリーズ全50巻(日本児童文学者協会賞特別賞・ポプラ社)をはじめ、200冊以上の本を執筆。主な作品に『絵で読む 広島の原爆』(産経児童出版文化賞・福音館書店)『ズッコケ三人組のバック・トゥ・ザ・フューチャー』(野間児童文芸賞・ポプラ社)など。JXTG児童文化賞、巖谷小波文芸賞など受賞多数。

「2020年 『めいたんていサムくん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

那須正幹の作品

ツイートする
×