かいけつゾロリのまほうつかいのでし (3) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)

著者 : 原ゆたか
  • ポプラ社 (1988年11月1日発売)
3.80
  • (30)
  • (27)
  • (41)
  • (3)
  • (1)
  • 347人登録
  • 18レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (85ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591030059

かいけつゾロリのまほうつかいのでし (3) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かいけつゾロリの口ぐせ「ママたすけて」と言うのが面白かったです。理由はその時とても面白い事件で面白いからです。あと船から魔法の杖を持って飛ばされてクジラにのみこまれたけど、胃の中で杖で魔法をかけてすごい海賊船にかえてレーダーやタイガーの大砲よりも10倍強い大砲や夢の海賊船がすごいと思いました。

  • [墨田区図書館]

    「かいけつゾロリ」シリーズの第3巻。
    何とか一人読みにこぎつけようと四苦八苦した1年生の去年の夏ごろ。お友達数人がハマっていたかいけつゾロリも試したけど、その時には見向きもしなかったのに、、、、?

    なぜか本屋で60巻を欲しがり、帰ってくるなり「全部読みたい」と宣言。折角だから1巻から順に読もうと#1-#4を図書館に予約したんだけれど、残念ながら#2&#3が先に来てしまったので、こちらから読破。

    なんだ、かいけつゾロリっていじめっ子?いたずらっ子?基本悪役?だったんだ??
    まほうつかいに習っていろいろ悪いことをするのかと思いきや、
    まほうつかいはただのたぬき。まぁキツネの対局はタヌキに当たり役が多いのかも。しかもまほうのランプじゃないけど、魔法を使える回数限定!でも前作のようかいのやかたに続いてすこ〜し"いい人"になっちゃったゾロリが面白かった。

  • ビックリしました。

  • チビ2号、移動図書館にて

  • 力の抜ける楽しい本。

  • なんでまほうをつかいたがるかなー

  • ちびっこに大人気かいけつゾロリ~

    たぶんちゃんと読んだの初めて

    人気すぎて未読でした。

    情熱大陸で原ゆたかさんやってたのを見て
    こんながんばってかいてるんだなー
    読まなきゃなー
    と思って読みました。

    こりゃおもしろいわー

    拍手

  • 2012年夏休み図書館にて

  • 自分がこどものころ読んだ本。実家に置いてあったので当時幼稚園年長だった長男に読ませたらすごくはまってしまい、シリーズ全部読破してしまいました。特に男の子にはウケがいいみたいですね。

  • 良い事を?

全18件中 1 - 10件を表示

原ゆたかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

かいけつゾロリのまほうつかいのでし (3) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)はこんな本です

かいけつゾロリのまほうつかいのでし (3) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)を本棚に登録しているひと

ツイートする