怪盗紳士 (シリーズ怪盗ルパン)

  • ポプラ社
3.87
  • (9)
  • (8)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591062227

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • エンターテイメントのあるべき姿。
    大衆を魅了するのは当然。

  • 小学生のとき以来で読み返す。好きなのはよく覚えているけど、好きじゃないのはまったく覚えていない。

  •  ルパンの生み出す多彩なトリックや変装術には、ただ圧倒され、そして知らずうちに虜になってしまいます。それだけではなく、ルパンが怪盗をする「理由」も深くて、彼の人柄には惹かれずにはいられません。強者に強く、弱者に優しいルパンが私は大好きです。
     また南洋一郎さんの翻訳も素晴らしく、脚注もすごく丁寧で分かりやすかったです。本の表紙絵はもちろん、挿絵も素敵でした。あとがきも秀逸です。
     中学生のころに10巻くらいまでは読んだのですが、そのままになっているのでいつか再読したいです。

  • ルパンが、刑務所から抜け出す所がとても面白いところです。

  • 小学校の時に読んだ記憶があり、再読したのですが、その時はピンとこず。そして今回再読したら、ワクワクが止まりませんでした。
    ルパンのエレガントさに、夢中になってしまいます。
    なんであの時はピンとこなかったんだろう?
    多分、ルブランの世界に没入できない、せわしさがあったのかもしれません。
    今回は気になりすぎるので、次巻を探したいと思います。

  • 2010年1月11日

  • 高慢な大金持ちから金品を盗み、まずしい人には金をかす、フランスの英雄的大泥棒、アルセーヌ・ルパンの登場だ。

全8件中 1 - 8件を表示

モーリスルブランの作品

ツイートする
×