教室―6年1組がこわれた日 (for Boys and Girls)

著者 :
制作 : 武田 美穂 
  • ポプラ社
3.63
  • (7)
  • (9)
  • (11)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591062449

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <pre>小学校のころに読んだ本。
    泣いた。
    現実にあってもおかしくない話。
    自分にあってもおかしくない話だった。
    これを読んで、読書の価値観が変わった気がする。

  • 主人公と同じ小6の時担任の先生が読み聞かせてくれた本を、10数年ぶりに再読。細かいあらすじは覚えてなかったけど、思春期の気持ちを思い出した。今でも共感できる部分が多いのは、まだまだ子供って言うことだろうか?

  • 4-591-06244-9 191p 2000・4・? 3刷
    ◯話が段々重くなるし胸が締め付けられる
    読み終えたら楽になる
    大人同士とは違うリアルにこどもの世界でありそうだ
    そんな感じがした

  • こんな先生いたなあ。
    というか女の先生はみんなこんな感じだった気がする。

  • 小学校の時にリアルタイムで読んだ作品。

    当時の自分にとって、この本は自分の言いたいことがみんな書いてあった気がする。
    お気に入りの先生とか、嫌いな先生とか、グループとか好きな人とか、そんな
    日常が崩れる時が一番怖かった。

    今思うと、3、40人の児童をみんな平等に扱うのはそんなに難しいことだろうかと思うけど、先生だって人間だからね。

  • 初めて読んだのは3年生。5年生のときに深刻なクラス問題に直面して初めてこの意味がわかった。

  • これは課題図書だけど、先生のヒイキで始まったいじめとか、実際にありそうだよなぁって思って読んでた気がする。

全7件中 1 - 7件を表示

教室―6年1組がこわれた日 (for Boys and Girls)のその他の作品

斉藤栄美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェリー・スピネ...
ヴィクトール・E...
森 絵都
アレックス シア...
三浦 しをん
有川 浩
森 絵都
荻原 規子
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

教室―6年1組がこわれた日 (for Boys and Girls)はこんな本です

ツイートする