ズッコケ家出大旅行 (新・こども文学館)

著者 :
制作 : 高橋 信也  前川 かずお 
  • ポプラ社
3.82
  • (7)
  • (4)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591066423

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 相変わらずの 3人組の 行動力には 脱帽…でも、とうとう 家出するとは…(^o^;)

  • これがリアルな家出なのかは分からないけど、でもただの冒険的家出ではなく、結構生臭いお話。インターネットがズッコケに登場するんだー。と時代を意識しているんだなと思った。

  • 大阪怖すぎやろ…

  • 2011/01/11 遡及読書中。波乱万丈なのにこんなに短くまとめてる。いろいろ削って書いたんだろうなと昔は思わなかった作者のことを思う。

  • 僕が好きな本ですね。三人組がステーキを食べるシーンはいまだにぼくの脳裏にあるのだす

  • 人気シリーズ
    小学校の頃に読み終えた。
    相変わらずあきれるほどに行動力のある落ちこぼれの三人が大阪へ大脱出。
    お間抜けなミスに、あっけない終わり方。
    所詮は子供の家出だということを思い知らされる。
    嫌な書き方だが、これが三人組らしくて面白い。

    これは三人にとって確実に有益な体験だろうし、子供なら憧れるようなものだ。
    三人組の団結力や友情が懐かしく、うらやましい。
    家出した子供たちを探しに来る親たちの存在もまた、同様だ。
    彼らは幸せである。家族と友人に恵まれているのだから。

    貧乏でも貧乏なりになんとかなるさ、辛くてもなんとかなるさ、と希望をもらえる本である。

  • ズッコケで一番面白いです。
    おすすめですね。

    金欠でも買う勇気が湧いてくる本です。

  • 3人組の行動力に感服。ハカセの頭の回りっぷりに感服。浪花っ子・経子のチャキチャキっぷりに感服。ズッコケシリーズの小学6年生はすごいな…!

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

那須正幹 著者・那須正幹さんは広島県出身。なんといっても“ズッコケ三人組”のシリーズが有名です。その続編“ズッコケ中年/熟年三人組”シリーズが2015年に完結。ほかにも多くの作品がありますが、その領域は戦争児童文学『八月の髪かざり』(佼正出版社)や、『さぎ師たちの空』(ポプラ社)のようなピカレスク・ロマンにまで及んでいます。“ヒロシマ”三部作で、第52回日本児童文学者協会賞を受賞。福音館書店からは、“ものがたりの遊歩道”シリーズ中の『怪盗ブラックの宝物』のほか、西村繁男さんとのコンビで大型絵本『ぼくらの地図旅行』『絵で読む広島の原爆』を刊行。自由律句の詠み手としても活躍しています。山口県防府市在住。

ズッコケ家出大旅行 (新・こども文学館)のその他の作品

那須正幹の作品

ツイートする