メイゾンともう一度―マディソン通りの少女たち〈3〉 (ポプラ・ウイング・ブックス)

  • ポプラ社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591068175

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容(「BOOK」データベースより)
    「人間は生きてるかぎり、いろんな変化の中を進まなくちゃならないのさ」アパートの一階に住むデルさんはいう。一年の間にまさかこんなにいろんな「変化」がおきるとは思わなかった。親友のメイゾンは白人のキャロラインといることが多くなった。黒人だけの男子校に通うボーは、わたしたちがキャロラインとつきあうことに抵抗があるみたい。行方知れずだったメイゾンのお父さんも、突然帰ってきた。―大人になるって、最初はとまどうことも多いけど、ひょっとしたら、素敵な変化なのかもしれない。「マディソン通りの少女たち」三部作の最終作。10代~一般。2001年コレッタ・スコット・キング賞受賞作家作品。

全1件中 1 - 1件を表示

ジャクリーン・ウッドソンの作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×