翼のない天使たち (ポプラの森)

著者 :
  • ポプラ社
3.65
  • (5)
  • (5)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :45
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591068212

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2010年読了。

  • この本は、主人公の智久がふとしたことで覗き込んだ「星の家」とゆうところは、老人ホームで、そこに通いはじめる話です。

    最初は嫌々通っていたが、段々楽しくなっていきます。
    「星の家」は、学校で学べない事を学べる所だということがわかりました。

    小学生の時に読んだ時に私は、作者はこの本を読んだ人に、自分のいい所を見つけて欲しいと思いながら書いたと思います。と言っていました。

  • 小学生の時に読んで、印象に残ってた本を読み返した。

    「青いいのちの詩」と同じような流れで、智久がどんどん変わっていくのがよくわかる。

  • 初めて読んだ折原さんの作品。

  • 正直な、そのままの小学生が描かれていると思います。

  • 初めての反抗。
    縛り続けられた自分。
    心温まる、涙があふれる。
    誰にでも読んでもらいたい本です。

  • 「ひと」として生きるために大事なことがたくさん詰まっています。優しくなれる本。年齢問わず多くの人に読んで欲しい。

全8件中 1 - 8件を表示

翼のない天使たち (ポプラの森)のその他の作品

折原みとの作品

翼のない天使たち (ポプラの森)はこんな本です

ツイートする