かいけつゾロリあついぜ! ラーメンたいけつ (30) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)

著者 :
  • ポプラ社
4.00
  • (51)
  • (27)
  • (44)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 853
感想 : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (91ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591070451

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ゾロリがラーメンやをのっとるけいかくがすごい。「しびれるー」っていってたのがおもしろかった。(小1)

  • 今回のゾロリ、珍しくいたずらの域を超えて、ずるく、姑息で、悪かった。向かい合って対立するラーメン屋二軒に、それぞれラーメン王とか称す評論家になりすまして、最後に二軒ともつぶしてのっとってしまおう、なんて、なかなか児童書にない展開だよなぁ。まぁ失敗するからこそ、ある程度、ユーモラスで終わるんだろうけど。前の「ドラゴンたいじ」でもそういうところあったけど、ゾロリって、ときどき悪いよなあ。

  • 発想が面白くて、いまでもいいなぁと思います。

  • 息子6歳10ヵ月
    息子が喜びそうな本を図書館から借りてきて読み聞かせ…最近は息子が一人で読むようになってきて、母はサミシイ。


    〈親〉
    絵が好き
    内容が好き ◯

    〈子〉
    何度も読む(お気に入り) ◯
    ちょうど良いボリューム ◯
    その他 ◯

  • ゾロリが考えたラーメンが美味しそうだったけどまずかったっていったところが面白かった。

  • ツルとカメのラーメン屋さんが合体‼️最後においしいラーメンが作れて良かったね(小2)

  • ラーメンのうばいあいがあるおはなし。1番最後にめっちゃおいしいラーメンがでてきたところがおもしろかった。

  • ゾロリが変装してラーメンのお店に入る時の入り方がおもしろかった。(年長)

  • なると催眠術が面白い。

  • ノシシが入っていたお湯をラーメンのスープにするのがおもしろかった!

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

児童文学作家、イラストレーター。1953年熊本県生まれ。1974年KFSコンテスト・講談社児童図書部門受賞。主な作品に、『ちいさなもり』『プカプカチョコレー島』シリーズ、『よわむしおばけ』シリーズ、『ほうれんそうマン』シリーズ、『かいけつゾロリ』シリーズ、『ザックのふしぎたいけんノート』シリーズ、『にんじゃざむらいガムチョコバナナ』シリーズなどがある。

「2021年 『第88回(2021年度) NHK全国学校音楽コンクール課題曲 小学校 同声二部合唱 好奇心のとびら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原ゆたかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×