かいけつゾロリのてんごくとじごく (31) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)

著者 :
  • ポプラ社
3.93
  • (61)
  • (35)
  • (60)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 977
感想 : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (94ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591073087

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 子どもがゾロリシリーズが好きで夜に一緒に読んだ本です。
    天国にいるお母さんに会ったときにゾロリは、このまま死んでも構わないと言った。だが、お母さんは叱って、自分の人生は自分で切り開くよう言った所が印象的でした。
    ゾロリが帰って行った後には、泣きながら言った言葉も印象的でした。
    ママ、本当は抱きしめてあげたかった。でも、いつまでも甘えん坊のままではいけない。失敗してもいい。やるべき事をしっかりやってからここに来て欲しい。

    子どもには、私もそんな風に生きて貰いたい。また、私も子どもの時に病気で母親を亡くしたけど、後で聞いた話では母親は自分がいなくても大丈夫な様に私に自分の事は自分でやらせていたらしい。そんな事もあったからか、時々母親に会いたくなるけど、母親もゾロリママと同じように思うかもと思ったら、しっかり生きなきゃと思った。

  • ゾロリのお母さんは亡くなっていることを知りました。
    天国と地獄をエレベーターで行き来できるなんて

  • 学びライブラリーで読了

  • 何度も読みました。

  • ゾロリたちが天国と地獄を行ったりきたりするところがおもしろかったし、次のじこくりょこうが凄く気になりました。【小4】

  • あくまがダイナマイトをおしこんだあとじぶんのしっぽがひっかかってるのをきづかなかったのがおもしろかった。

  • 天国がどういうところか地獄がどういうとこかわかったから面白かった。

  • おーおーおーおーおーおーおーおーおーおーおー

  • アクマが連れてきた怪獣をトンネルと思って出てきたのが面白かった。アクマがダイナマイトを爆発させるのが面白かった。続き読みたい。

  •  原作を読むのは、実は初めて。
     ゾロリさんたち、地獄に落ちちゃいました。次巻に続きます。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

児童文学作家、イラストレーター。1953年熊本県生まれ。1974年KFSコンテスト・講談社児童図書部門受賞。主な作品に、『ちいさなもり』『プカプカチョコレー島』シリーズ、『よわむしおばけ』シリーズ、『ほうれんそうマン』シリーズ、『かいけつゾロリ』シリーズ、『ザックのふしぎたいけんノート』シリーズ、『にんじゃざむらいガムチョコバナナ』シリーズなどがある。

「2021年 『第88回(2021年度) NHK全国学校音楽コンクール課題曲 小学校 同声二部合唱 好奇心のとびら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原ゆたかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×