おまえうまそうだな (絵本の時間)

著者 :
  • ポプラ社
4.23
  • (292)
  • (183)
  • (132)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 1801
レビュー : 259
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591076439

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 食べようと思って近づいたのに、赤ちゃん恐竜にお父さんと間違われるティラノサウルスのちょっと切ないおはなしです。
    乱暴者で皆から嫌われているティラノサウルスの力強いお父さんぶりが素敵なだけに、最後の最後にわざと本当の親元へ子どもを返してしまうこの辛さが、子供達には「どうして?何で帰すの?」と思わせてしまうのです。

    一緒にいたら、いずれ正体がバレてウマソウ(赤ちゃん恐竜の名前)が悩む日が来る・・肉食恐竜と草食恐竜の関係は長く続かないと思ったから、心を鬼にして離れたんだよ。
    いつか、大人になったらきっとティラノサウルスの気持ちがわかるよ!

    低学年からどうぞ。
    意外と読むと長いです(7・8分くらい)

  • ちょっと切ないお話。
    偶然出会ったティラノサウルスとアンキロサウルスのお話。

    ティラノサウルスがアンキロサウルスを見て、
    「旨そうだな」と言ったのに、
    「ウマソウ」と名づけられてしまったアンキロサウルスは、
    「どうして、僕の名前を知ってるの?」
    と答えてしまう。そこからティラノサウルスがアンキロサウルスを育てていくのだけれど・・・

    やっぱり、ラストは切ない。
    読み終わった後にジーンときます。

  • 本屋さんで紹介されていたので手に取ってみました。
    すごく良かったです。
    いいお話。

    何度でも読みたいし、
    いつかこどもと読みたいです。

    映画も見たいな。

  • 出てくるのは恐竜たち。

    恐竜の名前を使用しているために名前は覚えにくいのだが、単純な言葉の間違いが子供達にもすぐに分かり、クスクスを感じながら読み進めて、最後には少し悲しくなって涙がにじんだりするので、ストーリー展開がうまい。

    また、タイトルも子供達にはわかりやすい。

    それらをふまえて、読み応えのある本。

  • 図書室でなにげなく読んで涙が出そうになった。あぶねー。
    こんな切ないお話だったとは。
    絵とのギャップがいいな。
    明るい色を使ってても暗く見えるのは計算かな。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「絵とのギャップがいいな」
      ホント、、、意外性があって泣けるよね。
      「絵とのギャップがいいな」
      ホント、、、意外性があって泣けるよね。
      2012/07/20
  • 四才の息子には内容は難しそうですが大好きな恐竜の話だし出て来るキャラクターが気に入ったようで見入っています。のこたべのイベントで読んでもらったからっていうのも有るようですが。大人も読み終わるとジーンと感動する、大人にも子供にも大好きな一冊になると思います。 by さわちん

    • えほんがトドックさん
      本屋さんへ行ったとき、約30分間に別々に来た女性が2名、それぞれ『おまえうまそうだな』を見て泣いていました。 by えみママ
      本屋さんへ行ったとき、約30分間に別々に来た女性が2名、それぞれ『おまえうまそうだな』を見て泣いていました。 by えみママ
      2012/03/16
  • 映画の予告編を見ただけで泣きそうで…^^;

    でも結局映画は見に行けなかったので、絵本を。
    昔一度読んだ事があったのですが、やっぱり良いお話でした。

    でもやっぱり絵本よりも映画の方が感情移入できそう><
    DVDが出たら買おう。。。

  • だめ。こういうの。
    泣く。。。

    つうかくっつかないでハッピーエンド系って結構ジャパニーズ文化だよねぇ

    いいけどさ
    かなしいよね

  • 絵本でこんなに嗚咽がでるほど泣いたことないんですけど。

  • 3歳

全259件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

宮西 達也(みやにし たつや)
1956年、静岡県生まれの絵本作家。拓新太朗という別名義もある。日本大学藝術学部美術学科卒。人形美術、グラフィックデザイナーを経て絵本作家となった。
『きょうはなんてうんがいいんだろう』で講談社出版文化賞絵本賞、けんぶち絵本の里大賞、『ふしぎなキャンディーやさん』で日本絵本賞読者賞をそれぞれ受賞。その他代表作に『おとうさんはウルトラマン』、『おまえうまそうだな』、『にゃーご』などがある。

宮西達也の作品

おまえうまそうだな (絵本の時間)に関連する談話室の質問

おまえうまそうだな (絵本の時間)を本棚に登録しているひと

ツイートする