血族の物語〈上〉 (ポプラ・ウイング・ブックス)

制作 : 沢田 としき  Peter Dickinson  斉藤 健一 
  • ポプラ社
3.79
  • (5)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (483ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591076491

作品紹介・あらすじ

「人殺しのよそ者がやってくる!」「月のタカ」が夢に現れて危険を告げたのは、一族のリーダー・バルではなく、少女ノリだった。お告げで水のありかを教えられたノリは、従兄のスーズと共に一行をはなれ、幼い仲間四人を連れて、飢えとかわきとたたかいながら、切り立つ岩かべを登っていく。不思議な力にひきよせられて、ようやく豊かな土地にたどりついたと思ったのも束の間、スーズたちの身に、血族の存続にかかわる危機がふりかかってくる。自分たちこそ「月のタカ」族の生き残りなんだ。なんとしても、一つの血族として生きのびねば!人類の祖先がいまだ素朴な信仰をもち、狩りと採集の日々をすごしていた二十万年前のアフリカを舞台に、イギリスで人気の実力派ストーリーテラーがつむぎあげる、冒険と成長の異色ファンタジー前篇。10代〜。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 出会えて良かったと思わされる本。原始の人々の直接的な生活の中で、命がけの冒険をしながら、心身共に成長していく登場人物たちの姿が嬉しくなる物語。

  • 古代史好きにはたまらないんだよな。
    下巻よりもこっちの方が模索している感じがあって好きかも。

  • 厚いです。ものすごく分厚いです。
    ですが児童書なので読み始めると厚さは気にせず、どんどん読めます。

  • 二十万年前のアフリカを舞台にした物語で、その解説を読んだ時ちょっととっつきにくいかなぁ?と思ったのですが、とても魅力的でぐいぐい引き込まれていく力強いお話です。登場人物も人々が暮らす環境も、血族の物語も、どれもこれも魅力的で、これまで読んできたファンタジーとは全く違った味わいがありました。

  • 積読中。未読のため、★5つ。

全6件中 1 - 6件を表示

ピーター・ディッキンソンの作品

血族の物語〈上〉 (ポプラ・ウイング・ブックス)はこんな本です

ツイートする