ミーノのおつかい (みんなで絵本)

著者 :
制作 : 広瀬 弦 
  • ポプラ社
3.58
  • (1)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591078044

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミケノロスじいさんが魚を食べたいと言う。
    猫のミーノはお使いを頼まれるけれど、魚を買って食べずに帰られる自信がない。
    ミーノは道すがら食べてしまった時の言い訳を考える。
    帰り道ではどう謝ろうか考える。
    食べそうになたっとき、ミノタロスじいさんのような雲を見て急いで帰る。
    ミノタロスじいさんと夕飯の魚を食べる。
    翌朝、ミノタロスじいさんは若い男になっていた。
    ミノタロスじいさんが言うには猫の持って帰った魚を食べると若返るらしい。
    次からお使いに行ってもこれ以上若くなると赤ん坊になってしまうので魚は食べていいよ、と。

    絵がかわいい。
    なんだか見たことのある猫。

    昔話風でいい話。

  • 元気のないおじいさんに頼まれてミーノがお魚をかうお使いにいきます。
    ミーノの魚が食べたくて葛藤する様子がほほえましいです。

  • 飼い主に頼まれてお魚を買いに行くお話。持って帰るまでにお魚を食べてしまった時の為に言い訳をどうするか、どうやって謝ろうか悩みながら…。でも、買ってきたお魚を食べた飼い主の結果が意味不明。不思議。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

著書『あしたうちにねこがくるの』で日本絵本賞受賞。訳書に「リサとガスパール」シリーズなど。

石津ちひろの作品

ツイートする