エミリーのしっぽ

  • ポプラ社
3.19
  • (3)
  • (2)
  • (25)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591078518

作品紹介・あらすじ

人じゃなくて、別の何かみたいだった。水着はとけてなくなり、うろこがきらきらと光っていた。両足はぴったりくっついたまま、細長いしっぽになって、紫とグリーンに輝いている。水面の近くをすべるように泳ぐと、しっぽがしなやかにゆれた。やせっぽちで気弱なエミリーが、秘密のしっぽでずんずん進む傑作ファンタジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初めて買ったハードカバー。
    全体的に可愛い、女の子の冒険譚。
    人魚と人間のハーフ、水に浸かると足が尻尾に変化するという設定が新鮮だった

  • 小学校の時に読んだ話だから内容はよく覚えてないけれど、楽しかったような……
    「人魚」,「海辺」というのがいいです^^

  • 表紙の女の子の絵が可愛くて買っちゃった本。
    小さい頃に一回呼んだんだけど、最後らへんで飽きてそのまま放置 ヮラ"
    もう一回読み直してみようかな

  • エミリーのキャラが可愛くて好き。

全4件中 1 - 4件を表示

リズ・ケスラーの作品

エミリーのしっぽはこんな本です

ツイートする