ユキは十七歳 特攻で死んだ

著者 :
  • ポプラ社
3.57
  • (5)
  • (3)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591082805

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 表紙の写真の中央で子犬を抱く青年、荒木幸雄さんのドキュメント。飛行機に乗りたくて海軍の少年飛行兵を目指し、ひたすら勉学や鍛錬に励み、夢を実現させたのは、特攻兵になるためではなかったはず。まして、初めての出撃が特攻になるなんて…。わずか17歳で家族や日本を背負い、出撃の二時間前にもかかわらず、あんな表情で写真におさまる事が出来るなんて、ただただ驚くばかりです。今の日本を見たらどう感じるだろうか。このような戦争があった事、決して忘れてはいけないと、改めて思いました。辞世の句、「君がため世のため何か惜しからん 雲染む屍と散りて甲斐あり」

  • 201364.戦争関連本の紹介の本であらすじを見てよみたくなりました。少年飛行兵という存在すら知らなかったので、やるせない気持ちになりました。一瞬見ると立派な青年。でもよく見るとまだあどけないところが残る少年飛行兵たち。特攻といえば、知覧ですが、少し離れた万世基地からこの少年飛行兵たちは家族や愛する人、日本を守るために飛び立って行ったんだそう。知覧へ行く時は、是非万世にも立ち寄りたいです。参考☆http://washimo-web.jp/Trip/Bansei/bansei.htm

  • 表紙の写真は、
    「特攻出撃前に、子犬を抱いて微笑む少年飛行兵たち」。

    少年たちは、
    大空を飛ぶことに憧れ、練習機に乗って訓練に励んだのだろう。
    泳ぎたかったのは平和な空。
    戦争のない平和な空だ。

    愛する人々、愛する祖国とその未来を守るため、
    命を犠牲にした少年たち。
    そんな行き逝きし若者たちの記録です。

    子犬を抱えて微笑む荒木幸雄クン(当時17歳)が、
    大空に思いを馳せて
    陸軍少年飛行兵を志望しめでたく合格した時から、
    彼はもう前に進むしかなくなったのだと思う。

    君がため世のため何か惜しからん
     雲染む屍と散りて甲斐あり
               荒木幸雄

  • やっぱり特攻隊のことは知っとかんといけんでしょう、日本人として。感情移入しすぎの感があってちょっとうっとうしい文章なのが残念。

  • 帝国陸軍少年飛行兵の荒木幸雄伍長は若干17歳で特攻出撃し沖縄沖で戦死しました。隊長の佐藤睦男中尉も若干23歳。表紙の写真は出撃前日に新聞記者によって撮影された隊員達です(/_;)子犬を抱いているのが「ゆき」

    <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-img" style="float:left; margin-right:15px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591082806/ieiriblog-22" target="_blank"><img src="http://images.amazon.com/images/P/4591082806.09._SCMZZZZZZZ_.jpg" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a><br></div><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591082806/ieiriblog-22" target="_blank">ユキは十七歳 特攻で死んだ―子犬よさらば、愛しきいのち</a></div><div class="booklog-pub">毛利 恒之 / ポプラ社(2004/09)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:49,414位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/5.gif"><br><div class="booklog-review" style="margin-top:6px; padding-left:3px;"><img src="http://booklog.jp/img/5.gif" align="absmiddle">17歳の特攻飛行兵のありのままの姿<br></div></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591082806/ieiriblog-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/tomoka919/asin/4591082806" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

作家。1933年福岡県生まれ。
1964年、テレビドラマ脚本『十八年目の召集』で第1回久保田万太郎賞を受ける。
日本放送作家協会理事、文部省社会教育審議会委員・専門委員などをつとめた。
小説、ドラマ、ドキュメンタリーなど戦争と戦後問題をテーマとする作品が多い。
『月光の夏』は自らの企画、脚本で映画化、映画(神山征二郎監督)は観客210万人という大ヒット作となった。オーディオドラマ『ヒロシマの黒い十字架』(中国放送)は2000年度文化庁芸術祭大賞を受ける。
著書に『夢にむかって飛べ 宇宙飛行士エリソン・オニヅカ物語』(講談社)、『虹の絆』(毎日新聞社)など。最近刊『子犬よさらば、愛しきいのち/ユキは十七歳、特攻で死んだ』(ポプラ社)。

「2004年 『ピアノは知っている 月光の夏』 で使われていた紹介文から引用しています。」

毛利恒之の作品

ツイートする
×