ねずみくんとおてがみ (ねずみくんの絵本 21)

制作 : 上野 紀子 
  • ポプラ社
3.33
  • (4)
  • (7)
  • (27)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 133
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591083055

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ねずみくんのチョッキ」でおなじみの、ねずみくんシリーズのうちの一作です。ねみちゃんからみんなにおてがみが届くのですが、その内容が分からずみんなは困ってしまいます。ねみちゃんが手紙で伝えたかったことは何か、推測しながら読むと楽しそうです。(メイ)

  • 2歳9ヵ月

  • ねみちゃんがみんなに手紙を送った。
    けれど、その文章は意味が通らない。
    ねずみくん宛ての手紙は「ねずみくん キ らい」…?
    しかし、本当はみんなの手紙を合わせると1つの文章が出て来て、「ねずみくんステキらいしゅうみんなでこうえんであそびましょう」という文章だった。
    来週まではねずみくんと2人で遊ぼうとする。
    動物たちは「ねずみくんだけとあそばないでぼくたちともあそぼうよ」という手紙をみんなで書くのだった。
    ところが、ポストに投函するときに何枚かの紙を入れ忘れてしまい届いた文章は「ぼくたちもうねずみくんとあそばないよ」。
    ショックを受けるねずみくんだけれど、ねみちゃんとますます仲良しになるのだった。
    それを見て、どうしてこうなっちゃうのか、と動物たち。

    ねみちゃんからの暗号のような手紙。
    ばらばらにする意味ってあったのかなあ…とか思ったり。
    動物たちの手紙も入れ替えると内容が変わってしまってとっても危険。

  • [墨田区図書館]

    「ねずみくんの絵本」シリーズの#21です。
    http://booklog.jp/entry?keyword=%E3%81%AD%E3%81%9A%E3%81%BF%E3%81%8F%E3%82%93%E3%81%AE%E7%B5%B5%E6%9C%AC&seavice_id=1&index=All

    ねみちゃんが複数の葉書に書いたお手紙。このお手紙を解読(?)したみんなは、同じようにお返事を書いたんだけど一部出し忘れちゃって違う文章になっちゃった!
    4歳の息子も大分言葉が分かるようになっているだけあって、この"アナグラム"的な文章組み換えを理解してくれました。こうなると、他にも同じような(絵)本がないか、気になるなぁ…。

  • ねみちゃんがみんあにお手紙をかきます。あれって感じのお手紙がつなげてみるとねずみくんへのお手紙。ねずみくんが大好きな気持ちが伝わってくるお話です。

  • おなじみ、ねずみくんシリーズの中の一冊。

    ねみちゃんが書いたお手紙。
    バラバラになってみんなに届いたけど、なんて読むの?
    みんなの一枚一枚を合わせてみると…?

    みんながとってもねみちゃんが大好きだってことがわかる。
    それなのにちょっとしたボタンの掛け違いで
    ねみちゃんを怒らせてしまうなんて。
    世の中うまくいかないものだよね。

    最後のみんなの一言がなんだか切ない!
    「どうして こう なっちゃうのかなあ?」…

    事実は本を読んでいるあなただけが知っている。

  • ねずみくんのてがみがばらばらで、みんなもねみちゃんに手紙をかくのですが。

  • 近頃、ひらがなに興味を持ち始めた長男が、『手紙』の方を何とか読んでました。

  • 伝えることの大切さを教えてくれる本ですが、ちょっと1年生には難しい。読み聞かせには不向きかも。

全10件中 1 - 10件を表示

なかえよしをの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
にしまき かやこ
A.トルストイ
なかがわ りえこ
馬場 のぼる
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする