海底の魔術師 (少年探偵)

著者 :
制作 : 藤田 新策 
  • ポプラ社
3.67
  • (5)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591084236

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人を殺さないんじゃなかったのかな…。
    もともと体が弱かったから、直接手を下したわけじゃないって?
    それでいいのかな…。

    びっくりドッキリメカみたいな感じね。
    毎回手を変え品を変え、頭が下がります。

  • 【あらすじ】
    そのからだはがんじょうな鉄のうろこにおおわれ、ワニのようなかたいしっぽを持っていた…海底の暗闇に、二つの青い目をひからせる魔物は、まるで黒い人魚のような姿。地上にはいだした怪物は、鉄の小箱をつけねらう。明智探偵の手にわたった鉄の小箱には、金塊をつんだ沈没船の秘密がかくされていた。

    【感想】

  • キャラクターと場面設定がうまく、恐怖感がうまく出ている。
    ただ、仕掛けに強引なところがあり、またフィナーレを急ぎ過ぎたためか、読後感が今ひとつ。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

大正~昭和時代の小説家。三重県生まれ。早稲田大学を卒業後、職業を転々としたのち、1923年に『二銭銅貨』を発表。名探偵明智小五郎シリーズのほか、『怪人二十面相』など、少年読み物の分野でも人気を得る。

江戸川乱歩の作品

ツイートする