魔法人形 (少年探偵)

著者 :
制作 : 藤田 新策 
  • ポプラ社
3.80
  • (5)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :54
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591084281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 等身大の人形が送られてくる。
    現代では大人の話題になりそうだ。

    • nico314さん
      だいさん、こんにちは。

      これ「ビブリア」シリーズに、登場していましたか?
      やはり、乱歩の本の表紙は怖い感じがしますね。
      2014/04/18
    • だいさん
      nico314さん
      こんにちは

      ビブリアには、なかったのじゃないですか?
      この小説は亜流のような気がします。
      2014/04/18
  • 少年探偵団は全部読んだと思っていたが、どうやらこれは未読だったらしい。懐かしい文章とこの雰囲気。いま読んでもなかなかだが、この作品あたりはかなりマンネリ化してたんだろうなぁ、とつくづく思う。

  • 不思議な腹話術人形とおじいさんと仲良くなった小学5年生のルミ。おじいさんの人形屋敷に来ると、振り袖姿も艶やかな紅子人形と出逢う。おじいさんは不思議な薬を注射して、人間を人形に変える、自分はずっと可愛くありたいから人形になるのだ、と語る紅子人形。小林少年、少年探偵団に明智小五郎、怪人二十面相が出てくる、小学生の頃必ず図書室にあったポプラ社の本。大人になってから読むと、矛盾してるし、そんな訳ないだろ!と思わずツッコミを入れたくなる様な箇所も多々あり、でも子どもの頃に帰ってワクワク出来る、そんな読み物。

全4件中 1 - 4件を表示

魔法人形 (少年探偵)のその他の作品

江戸川乱歩の作品

魔法人形 (少年探偵)はこんな本です

ツイートする