変身願望 メタモルフォーゼ (SFセレクション 6)

  • ポプラ社
3.06
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591085004

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • SFアンソロジー。
    あまり好きなテーマではないかな。
    クリス・ネビル『宇宙少女アン』は良いジュブナイル。

  • 2015年6月23日

    <SF selections vol.6 Metamorphosis>
      
    装画/宮城 挿画/東田亜希
    装幀/井上則人デザイン事務所

  • お気に入りのジュブナイル

     さすがのオチ「空への門(星新一)」は、現実の世界そのものであるとともに、ゴールにいたるいろんなルートを指し示す。いい作品だと思う。

     まるで竹取物語のような「宇宙少女アン(クリス・ネビル)」は、むしろこっちが日本的で愛情にあふれている。

     マンガの「ぼくは、おんなのこ(志村貴子)」はさっぱり意味不明。

     比較的長編小説「嘘つきな人魚(菅浩江)」は少しばかり奇抜だが、きれいなエンディングだ。

    「わが家のサッカーボール(イアン・マクラウド)」も既読の気がする。おもしろくない変身話。

     それでもかん子さんの解説はいいなぁ。

  • 志村貴子の「ぼくは、おんなのこ」が読みたかったので。評判通り細い線の美しい絵でした。題名から性同一性障害の話かと思いましたが、SFでした。この本全体がSFです(よく見たら題名がSFセレクションだった)。中学生の司が、自分の顔をした女の子の夢から目覚めると世界中で男女の性別が入れ替わっていた。パニックになる人もいたけど、学校の友達などは女になってみたかった、などと受け入れていたりする。彼(彼女?)の兄は失踪して家にいないのだが、妻の京子さんは残った家族を見守っている。司の目を通じてその温かさが伝わってきて、こんなひといいなって思う。最後に司は言うのだ。「予言してしまおう。ぼくらの未来は明るい」うん、きっと閉塞した世界でこの奇病が救いになる人は多いだろう。これだけがマンガで、他4篇は小説。中では菅弘江さんの『嘘つきな人魚』がSFというよりファンタジー色があったので、私には読みやすかったです。解説には確かにこれは、ファンタジーでなくSFだって書いてありましたが。こちらはなんと、ベストSF2000国内編第1位と日本推理作家協会賞をダブル受賞したのだそうです。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

星 新一(ほし しんいち)
1926年9月6日 - 1997年12月30日
東京生まれの小説家、SF作家。作品の多さ、質の高さから「ショートショートの神様」と呼ばれており、多くの教科書で収録もされてきた。森鴎外は母方の大伯父にあたる。
主な著作に『ボッコちゃん』、『盗賊会社』、『宇宙のあいさつ』、『気まぐれロボット』などがある。伝記としては最相葉月 『星新一 一〇〇一話をつくった人』が優れている。

星新一の作品

ツイートする