奇巌城 怪盗ルパン 文庫版第4巻

  • ポプラ社
3.45
  • (5)
  • (7)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 101
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591085295

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • モーリス・ルブランさんの原作を南洋一郎さんが訳してリテイクした少年少女向けシリーズ第4巻。

    話を読むと、本来は原作どおり「空洞の針」ってタイトルが一番合う作品なんだろうな…と思いました。

    しかし、やはりルパンものって少年少女向けのお話なんだね。
    刑事事件の専門家がわからないことを17歳の少年探偵が解いていくって、まんがじゃん。

    大人はわからない子供の柔軟性ってのはけっこう幻で、その筋の大人はびっくりするほどいろんなことをわかっているし、人生経験が多いほどお子ちゃまにはわからない発想・やり方でいろんなことができると思う。

    しかも、このお話で少年探偵くんが行う推理は、少年だからできることでも何でもないんだもん。
    普通、そんなことは警察がやるって!

    それと、すごい美少女がルパンの奥さんになって、最後は愛に殉じるってのが、ちょっとおかしい。
    愛する妻と余生を穏やかに送りたいって年齢のルパンの奥さんが15歳くらい?

    中二病的男性が読むと楽しいお話なのかもしれないね。
    なんだか、ルパンに全然魅力がないんだよな~。

    原作者に無断でシャーロック・ホームズさんが使えないイギリスの名探偵としてちょこちょこ出てくるのもなんだかな~って感じだし。

  • ルパンシリーズの中でも特に好き。

  • いやはや、ホームズを超える超高校生名探偵が登場するとは。
    ルパン危うきって事かなー。イシドールにはもう一回出てほしい。
    でも最後のホームズの引き金が……。悲しい

  • ルパンファンの間では「813」と並んでルパン・シリーズ最高傑作との呼び声が高い。

  • 最後が悲しかった・・・

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1864年フランス・ルーアンに生まれる。繊維製造会社へ就職するも、なじめず辞職。
パリで執筆業に精を出し作品を発表すると文壇で高い評価を得るが一般的には無名であった。40歳のとき、アルセーヌ・ルパンものが大評判となり、30年以上書き続けたシリーズは世界中で愛されている。晩年には文学への貢献により、レジオンドヌール勲章を授与される。1941年没。

「2021年 『ルブラン ショートセレクションⅡ 怪盗ルパン さまよう死神』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モーリス・ルブランの作品

ツイートする
×