813の謎 怪盗ルパン 文庫版第6巻

  • ポプラ社
3.36
  • (4)
  • (2)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 71
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591085325

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 南洋一郎さんが訳して内容を青少年向けに改定したルパンシリーズの第6弾。

    前に『パタリロ!』に出てくるマライヒさんてルパンの小説に出てくる「マルライヒ」って名前がずっと頭に残っていた作者さんがそこから付けた名前って聞いていたけれど、この作品だったんだね。

    ルパンにかなり大きな娘がいるとはビックリでした。
    彼女のためなら国家的規模の犯罪もやらかすってわけか…。
    ニセの大貴族を仕立てあげて、ドイツ皇帝から土地と称号を手に入れようとするなんて、スゴイ父親だね。

    途中でイギリスの名探偵シャーロック・ホームズさんが、ルパンより能力が劣るって役柄だけで出てきました。
    つまりルパン上げのネタだけで登場。
    これは、コナン・ドイルさんが怒るのも当然だと思ったよ。

    お子ちゃま向けの話になっていたので、最後にルパンが犯人として警察につきだして死刑宣告を受けていたおじさんは救われました。

    原作では死刑が執行されちゃって、無実の人を死に追いやったってルパンが残念がるらしい。

    どうも、ルパン=スーパーマンって大前提で話が進むのが逆にルパンの人間味を失わせているところがあるんだけれど、このお話はバカ親が娘を大貴族にしたがった人情モノと言えないこともない内容だったことと、呪われた犯罪者の家系ってのが世の中にはあるのかもね…ってところから、それなりに面白かったです。

    当時は今よりも女性が連続殺人を行うとか、大きな犯罪を行うことがめずらしかったのかもしれないし…ね。

  • あれからそんなに長い時間が経っているのか…。
    というか、どんどんホームズの扱いがぞんざいになってないですか?あのホームズがそんなに簡単に引き下がるとは思えないのだけど…。まあ、ルパンに出てくるホームズは、ホームズじゃないからなあ…。原作では違う名前になってるものを南さんが無理矢理ホームズに戻してるんだから…。
    自分のキャラクターならば、ぞんざいになっちゃうのも仕方ないのかもしれない。

  • なんともまるっきり感情移入できない翻訳ではありますが(しかも子供向けに端折られている)、内容的には意外性があって面白かった……
    子供用じゃない文章が読みたい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1864年フランス・ルーアンに生まれる。繊維製造会社へ就職するも、なじめず辞職。
パリで執筆業に精を出し作品を発表すると文壇で高い評価を得るが一般的には無名であった。40歳のとき、アルセーヌ・ルパンものが大評判となり、30年以上書き続けたシリーズは世界中で愛されている。晩年には文学への貢献により、レジオンドヌール勲章を授与される。1941年没。

「2021年 『ルブラン ショートセレクションⅡ 怪盗ルパン さまよう死神』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モーリス・ルブランの作品

ツイートする
×