黄金三角 怪盗ルパン 文庫版第10巻

制作 : 藤田 新策  Maurice Leblanc 
  • ポプラ社
3.82
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591085363

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 懐かしのルパンシリーズ。
    小3長女の本棚より拝借。

    スリル満点。南洋一郎氏はずっと翻訳だと思っていたがそうでないと知った。
    独特なテンポの語り口調、古い言葉が時代を感じさせる。

  • ルブランさんの原作を南洋一郎さんが訳してリライトした少年・少女向けルパン・シリーズの第10弾。

    今回も第一次世界大戦中のお話で、ルパンは悪人ではなく祖国フランスを愛する探偵ってなポジションでした。

    ドイツのスパイが国外に持ち出そうとしている金貨をめぐってのお話なんだけど、けっこうハラハラした(笑)

    いわくあり気なアメシストでつながっている運命の恋人同士の物語って設定は、少女たちにもウケが良さそう(笑)

    ただ、メイン登場人物の大尉さんがあまり魅力的ではなくて、単なる熱血男ってだけじゃダメなのに~って思いました。

    そのあたりの人物描写は、このシリーズで求めちゃいけないのかな…。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1840年、フランスのルーアンに生まれた、推理・冒険小説家。1905年に「怪盗ルパン」シリーズを出し、世界中の人々に読まれるベストセラーとなる。

モーリス・ルブランの作品

ツイートする