三十棺桶島 怪盗ルパン 文庫版第11巻

制作 : 藤田 新策  Maurice Leblanc 
  • ポプラ社 (2005年2月1日発売)
3.67
  • (4)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591085370

三十棺桶島 怪盗ルパン 文庫版第11巻の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ルブランさんの原作を南洋一郎さんが訳してリライトした怪盗ルパン・シリーズの第11弾。

    今回は女の裏切りにうるさい悪者の毒牙にかかりそうになった美しい(←大事!)夫人とその息子を不思議な島からルパンが救出するお話でした。

    物語の半分くらいまでルパンが出て来ないお話は面白いと思う(笑)

    ルパンが最初から出てくるお話は、ルパンが妙に威張りくさっているうえに理由もなく超人設定なので、かえってつまんないんだよね。

    このお話も最後はルパンが自意識過剰なうえに「なんでそんなことできるの?」って部分が、「わがはいはルパンだから♪」で終わっているのが少し残念でした。

  • タイトルからして怖かったけれど、惹かれて読んだ一冊。
    ルパンもので一番楽しめた作品。

  • 素晴らしい!これではないですが、怪盗ルパンといったら保篠龍緒 氏の名訳。サクサク読める。原文も、辻褄を合わせるのは難しいですが、上手いですね。

  • 怪盗ルパンシリーズの中でも一番怖いと思うのがこの作品……!!
    いつもの推理的なドキドキもある中、それ以上の恐怖!
    三十棺桶島…タイトルを聞くだけでいまだにゾクゾクしてしまいます…!

全4件中 1 - 4件を表示

モーリス・ルブランの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
R.L.スティー...
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

三十棺桶島 怪盗ルパン 文庫版第11巻はこんな本です

ツイートする