虎の牙 怪盗ルパン 文庫版第12巻

制作 : Maurice Leblanc 
  • ポプラ社
3.54
  • (4)
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591085387

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ルブランさんの原作を南洋一郎さんが翻訳して少年少女向けにリライトした怪盗ルパンシリーズの第12弾。

    今回は2億フランの遺産をめぐって連続毒殺事件が起こるのを、ルパンが解決するというお話でした。

    現場に虎の牙のような歯型のついた証拠物件が残っていたことから、歯並びの悪い推定相続人の1人でもある夫人が疑われれるんだけど…。

    まぁ、美少女がバカなヤンキーに惚れて悪事の手先になっちゃうってパターンは、古今東西けっこうあるよね。
    でも、美少女ってだけで心も美しいとか言われて、彼女は救われちゃうのだ。

    しかも、このお話では、彼女のバカさ加減は美しさで相殺されるどころか、最後はモロッコに王国を持っている自称「皇帝」のルパンに愛されてその同伴者になるというシンデレラストーリ…。

    美人って得だねぇ~。
    頭が切れない美人ってのがいいんだろうなぁ~。

    頭の良い美人ってのは、逆にいろいろ足をひっぱられるからね~。
    しみじみ…。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1840年、フランスのルーアンに生まれた、推理・冒険小説家。1905年に「怪盗ルパン」シリーズを出し、世界中の人々に読まれるベストセラーとなる。

モーリス・ルブランの作品

ツイートする