探偵!ナイトスクープ―アホの遺伝子

著者 :
  • ポプラ社
3.55
  • (12)
  • (9)
  • (32)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :87
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591085516

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 関西のお化け番組、探偵!ナイトスクープはいかにして生まれたのか? そして初期放送で面白かったネタの裏話。
    さらにはナイトスクープがバラエティ番組に与えた影響など……
    ナイトスクープ好きには欠かせない一冊。

  • 探偵ナイトスクープという番組が出来た経緯や裏話をテレビの裏方さんが書いている。人を楽しませるということ+斬新なアイデア+タレントの選択。視聴率もとらなくてはいけないし大変だなぁ。でも面白い番組だった。

  •  人がやらないことを平気でやってしまうというノリが高視聴率の証なのだろうという気はする。
     
     意外と為になるネタもバカネタの裏に数多く潜んでいるわけでこれらのVTRをすべて自由に見られるならばまたまた稼ぐことができるのではないでしょうか松本さん。

     しかしこれほどバカと天才の境目が薄いのも魅力の一つなのかもしれない。

     

  • 長かった。たぶんテレビ番組をつくる仕事に憧れている人が読んだら、感動する、というか、よろこぶと思う。私はそういうのには興味がないので、視聴率どうこうも、〜君の話とかもけっこうどうでもよかった。ナイトスクープが一番最初にやったとか、も…。
    私の知らない時代の話が多かったけど、ちょっと知ってるあたりになってきて楽しくなってきた。けど、ほんとうにナイトスクープはおもしろい。

  • 著者は有名なプロデューサーだかディレクターだか知らないが、あちこちに見え隠れする「上から目線」が鼻に付く。

  • ゼロから立ち上げるのって全部ひっくるめて楽しいよなぁと思う1冊。関東だと中々観れないけど番組も好き。

  • ナイトスクープのファンなのでそりゃ買う。
    以前、大学にゲスト講師として著者の松本さんが来はったときも、話してる内容はこれで読んだものが多かった。

  • 出演者も依頼者も制作者も視聴者も
    みんな楽しめる番組作りの姿勢に
    好感が持てる。

  • 21/5/17 80 本の方が面白かった。

  • 251

全20件中 1 - 10件を表示

松本修の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
麒麟・田村裕
万城目 学
有川 浩
大野 更紗
有川 浩
村上 春樹
三浦 しをん
ダニエル キイス
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵!ナイトスクープ―アホの遺伝子はこんな本です

ツイートする