緊急入院!ズッコケ病院大事件 (ズッコケ文庫)

著者 :
制作 : 高橋 信也  前川 かずお 
  • ポプラ社
3.71
  • (4)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591085691

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三人組が病気にかかるけど、そのなぞを解いていくとてもおもしろい本です。

  • 三人が入院して、太い注射をされたりするところがおもしろかった。(6歳娘)

  • 謎の男。
    近くの町にバス釣りに出掛けて、蚊に刺された三人組。

    いつも感じるけど、文中に筆者が登場しているのに、違和感なく物語に潜っていられる不思議。このリアリティー。

    ハチベエのお父さんの反応が商売人として立派。

  • 三人組が感染症の病気にかかるという話。これはこれで実際にありそうな話なので怖い。

  • 謎の伝染病にかかり緊急入院する三人組+女子3人。高熱・体の節々が痛いという症状は痛々しい。小児科の東山先生がハカセの仮説を真剣に受け止めてくれたことが嬉しかった。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

那須正幹 著者・那須正幹さんは広島県出身。なんといっても“ズッコケ三人組”のシリーズが有名です。その続編“ズッコケ中年/熟年三人組”シリーズが2015年に完結。ほかにも多くの作品がありますが、その領域は戦争児童文学『八月の髪かざり』(佼正出版社)や、『さぎ師たちの空』(ポプラ社)のようなピカレスク・ロマンにまで及んでいます。“ヒロシマ”三部作で、第52回日本児童文学者協会賞を受賞。福音館書店からは、“ものがたりの遊歩道”シリーズ中の『怪盗ブラックの宝物』のほか、西村繁男さんとのコンビで大型絵本『ぼくらの地図旅行』『絵で読む広島の原爆』を刊行。自由律句の詠み手としても活躍しています。山口県防府市在住。

那須正幹の作品

ツイートする