古本道場

  • ポプラ社
3.27
  • (5)
  • (26)
  • (60)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :186
  • レビュー :35
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591086278

作品紹介・あらすじ

古本道の師匠がくりだす、6つの指令。新直木賞作家は無事、古本道をきわめられるのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 帯付き初版を西荻の古本屋で購入

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「帯付き初版」
      へぇ~、どんな本?
      角田光代と岡崎武志の対談?気になるなぁ
      2013/08/17
  • リリース:(多摩やさん)

  • 図書館

    『のらくろ』全巻ゴールドカードで買うおじいさん、すごいな。
    鎌倉みたいな観光地の古本屋は、お土産屋さんみたいに古本も観光地値段になるのね。

  • 角田さんの文章は初めて。表現の仕方が巧み。
    紹介されている古本屋さんが、意外と近所だったりして、行ってみたくなりました。
    古本屋さんって奥深い。
    お土産に古本だなんて、素敵です。

  •  岡崎さんを古本道の師として仰ぎ、弟子の角田さんが古本屋巡りしていく古本道場。私からすれば角田さんも本について博識であると思うけど、角田さんは自分の無知を認め、敬意と謙虚さをもって一つ一つの古本屋、そこにある古書と出会っていくので、古書に疎い私と同じ弟子仲間であるという親しみを感じられた。目当ての本を探す楽しみはもちろん、古本屋を巡れば巡るほど自分のアンテナが鋭くなっていくことや、購入する本たちが不思議とつながりを持っていくことなど、数店渡り歩かないと分からないことがたくさんあるようで興味深かった。

  • 面白く読ませていただきました。

  • 古本屋が媒介となって、縦横無尽に広がる知識の糸は、純粋に知識の糸なのだ。私は単純に知りたいし、読みたい。そのことの、なんと贅沢よと思う。

  • 思いだした事、気付かされることが、いっぱいあった。あんな本、こんな本、忘れていたあの本。

  • 読んでいると著者とともに古本屋めぐりをしている気分になってくる一冊。

  • 角田さん4〜5、岡崎さん3〜4

全35件中 1 - 10件を表示

古本道場のその他の作品

角田光代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

古本道場を本棚に登録しているひと

ツイートする