泣いた赤おに (ポプラポケット文庫 (353-1))

著者 :
  • ポプラ社
3.67
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591088623

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『泣いた赤おに』他14編収録。

    泣いた赤おに以外全く知らなかった。

    善意のお話。
    優しい登場人物ばかりだけれど、「よぶ子鳥」の飛んで行ったカッコウを思うあまりカッコウに姿を変えてしまったリスや、「一つの願い」の星のように輝いていると一度でいいから言われたかった電燈など、寂しい話もある。

    「ますとおじいさん」のおじいさんも、ますを育てたことを誰にも知られることなく死んでゆく。
    誰かが知っていればみんなおじいさんに感謝しただろうに。
    無償の愛って素晴らしいけれど、ちょっと寂しい。

    「こがねのいなたば」は昔話にありそう。
    「犬と少年」も起源譚のよう。
    死や悲しい思いをする人がいないこの2つが好き。

    武田美穂さんの可愛らしい挿絵があるので小さい子も場面を想像しやすい。

  • 2009/9/10

  • 絵本☆美しく、悲しい。子供に読ませたい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

浜田広介(はまだ ひろすけ)
1893年5月25日 - 1973年11月17日
山形県東置賜郡高畠町生まれの童話作家。濱田廣介という旧字体表記もなされる。本名は廣助。日本児童文芸家協会初代理事長。代表作に『泣いた赤鬼』『椋鳥の夢』『竜の目の涙』など。
何作かの小説を記したのち、童話へとシフト。しばらくは兼業作家だったが、関東大震災をきっかけに退社し、作家に専念する。1940年日本文化協会児童文化賞、1942年野間文芸奨励賞、1953年芸術選奨文部大臣賞、1957年と1961年に産経児童出版文化賞をそれぞれ受賞。
1989年、本人にちなみ山形県に浜田広介記念館が誕生。1990年「ひろすけ童話賞」「ひろすけ童話感想文・感想画全国コンクール」を町や日本児童文芸家協会などと共に創設している。

浜田広介の作品

ツイートする
×