じしんのえほん: こんなときどうするの?

著者 :
  • ポプラ社
3.94
  • (5)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 175
感想 : 14
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591090671

作品紹介・あらすじ

きみがひとりでいるときにじしんがきたらどうしよう?どうなるのかな?どうしたらいいのかな?「こんなときどうするの?」にこたえる、いのちをまもるえほんです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • じしんのえほんーこんなときどうするの?(地震防災えほん)
    著作者:国崎信江
    発行者:ポプラ社
    タイムライン
    http://booklog.jp/timeline/users/collabo39698
    facecollabo home Booklog
    https://facecollabo.jimdofree.com/
    君が一人でいる時に地震が来たらどうしよう?どうなるのかな?どうしたらいいのかな?「こんな時どうするの?」に答える命を守る絵本です。

  • M8が学校で借りてきた絵本。
    7人のお友達が帰り道で、家で、学校で、公園で、スーパーで、海岸の道で、1人でいるときにグラグラ。
    さあ、どうしよう。
    分かりやすくて頭に残る。
    子供だけでなく、おばあちゃんと一緒に読んだ。
    ついでに家での危険なところも話したり。

    • だいさん
      とても大切なことですよね!
      とても大切なことですよね!
      2015/12/18
    • shuwachoさん
      大切なんですけど、普段わすれがちですねー。こうやって絵本で読むとスーパーではカゴで頭をかばう、とか具体的な話もできてよいです。
      大切なんですけど、普段わすれがちですねー。こうやって絵本で読むとスーパーではカゴで頭をかばう、とか具体的な話もできてよいです。
      2015/12/18
    • だいさん
      なるほど!
      なるほど!
      2015/12/18
  • 子どもだけじゃなく大人も読むとよい絵本。うちの長男もじっくり見ていた。いつも生きものの本ばかり読むのだけど、これは読んでおこうと思ってくれたのかな。日本は地震多いから常に備えておかないと…できる限りやっておこうと改めて思った。

  • Y
    4歳6か月

    K
    6歳10か月

  • なかま

  • いつも、避難訓練のたびに読みます。

    わかりやすくて、子ども達に大事なことが伝わります

  • こんないろんなシチェーションでの地震対策が常識になってるって地震大国すごいな…。
    子供だけじゃなくて自信がない国から来た外国人にも読んでほしい一冊。

  • 2012.12.20読了

  • じしんのが起きたら、、
    とても大事なお話です。
    とても真剣に聞き入っている子どもたちを目の当たりにして、内容が少し難しくても
    大事なお話なんだと言うことが、私の語り口調から感じてくれているように思えて
    この本を読んだこと、良かったと思っています。

  • 地震にあったらどうすればいいのか状況におうじてよくわかります。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

危機管理教育研究所代表。危機管理アドバイザー。
女性・母親の視点から防犯・防災対策を提案し、全国で講演するほか、
テレビ・ラジオ・新聞・雑誌を通じて普及啓発をしている。
著書・メディア出演多数。

「2023年 『じぶんをまもるチカラがみにつく! ぼうはんクイズえほん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

国崎信江の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×