うしさんおっぱいしぼりましょ (絵本のおもちゃばこ)

著者 :
  • ポプラ社
3.50
  • (4)
  • (1)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 53
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784591090985

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前半は何が出てくるか想像の範疇内でも楽しく、後半はナンセンスで面白い。

  • 牧場の牛乳屋さんでは牛に食べ物をあげると牛乳しぼってくれる。
    女の子がいちごをたべさせると、しぼって出てきたのはいちご牛乳。
    男の子がバナナをたべさせると、しぼって出てきたのはバナナ牛乳。
    おじんさんが豆をたべさせると、しぼって出てきたのはコーヒー牛乳。
    双子の兄弟が氷をたべさせると、しぼって出てきたのはアイスクリーム。
    たくさんの子供たちが大きなお鍋を担いでやって来て、シチューを作ろうと人参、じゃがいも、玉ねぎ
    きのこを食べさせてたくさん牛乳を搾ってお鍋を火に掛ける。
    牛は牛乳のしぼりすぎて小さくなってしまった。
    そこへ、音楽隊がやって来た。
    すると、牛が音楽隊に近づいて楽器を食べ始めた。
    更に音楽隊の人たちまで飲み込んでしまった。
    お蔭で牛は元気になってまたおっぱいが膨らんだ。
    おばさんが牛乳をしぼると、楽しい歌とリズムが聞こえ、更にしぼると音楽隊の人が出てきた。
    牛の出す音楽が素晴らしいので周りの人たちもやってきて、音楽隊の人も合わせてみんなおいしいシチューを食べたのだった。

    最初の方は想像つくけれど、後半は音楽隊も吸い込んでいてシュール。

  • 飲んだものが牛乳と混ざって出てくるというシンプルなお話ですが、シンプルな分素直に楽しめます。

  • 牛にいちごを食べさせると、牛乳がいちごミルクになっちゃうお話。

  • いちごやばななをたべさせると、
    いちごぎゅうにゅうや、
    ばななぎゅうにゅうがでてきたのが、
    ふしぎだったです。

    うしがおんがくたいをたべたら、
    こんどはおんがくたいが
    でてきたところが おもしろかったです。

  • うしのおっぱい。出るのはミルクだけ??

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

穂高順也
1989年愛知県生まれ。小沢正氏、立原えりか氏に師事後、絵本・童話作家に。
『さるのせんせいとへびのかんごふさん』(ビリケン出版)、『ちゅうしゃなんかこわくない』『どどのろう』『あかいのあつまれ』(岩崎書店)、『どろぼうだっそうだいさくせん!』(偕成社)、『とうさんとうさんいかがなものか?』(あかね書房)、『なきんぼあかちゃん』(大日本図書)、『よるのさかなやさん』(文溪堂)など著書多数。
日本児童文芸家協会理事。

「2022年 『よるのやおやさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

穂高順也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
tupera t...
エリック=カール
なかの ひろたか
高畠 那生
モーリス・センダ...
長谷川 義史
A.トルストイ
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×