聖都決戦〈上〉―ラーマーヤナ〈3〉 (ラーマーヤナ 3)

制作 : Ashok K. Banker  大嶋 豊 
  • ポプラ社
3.93
  • (5)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591094686

作品紹介・あらすじ

インド古典の大長編叙事詩が現代に蘇った!一千万を超える阿修羅軍が聖都ミティラーに迫る…。すべてのファンタジーの原点にして最新作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うーん。こういう展開だったか。
    思い返してみると、伏線が色々あるんだな。

    ということを、この巻で思った。

  • まだミティラーに辿り着かない・・・

    あっちの話とこっちの話と、いったりきたりで、
    なんかいいようにジラされてます。
    続きが気になる。

  • どんどん、主人公が超人化していく

    前巻はクライマックスに不安を覚えたのだけど、
    途中経過はやはり面白い

  • いよいよミティラーへラーマとラクシュマナが僧院から出発。途中の森で山賊と熊とクシャトリアが戦っていた。そのときハヌマンという言葉が登場してきた。きたかきたか。
    でも故郷では・・・ここに書き込みをしている場合ではありません。

全6件中 1 - 6件を表示

アショーカ・K.バンカーの作品

ツイートする