聖都決戦〈下〉―ラーマーヤナ〈4〉 (ラーマーヤナ 4)

制作 : Ashok K. Banker  大嶋 豊 
  • ポプラ社
3.87
  • (5)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591094693

作品紹介・あらすじ

インド古典の大長編叙事詩が現代に蘇った!一千万を超える阿修羅軍が聖都ミティラーに迫る…。すべてのファンタジーの原点にして最新作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「聖都決戦」、決戦って、こんな形で終わるとは。

  • インド人の話

  • 真言無敵! シータとその護衛のごっついお姉さん隊長乙。上下とも2日で読了

  • なんか、あの最終兵器みたいなのは反則では・・・?

  • 今回はちゃんとクライマックスらしく緊迫感があって良かった
    クライマックスの成功に伴うリスクの重さがいまいち実感できなかったけれども・・・

  • ミティラーの皇女シーターとラーマがつながりだした。ミティラーへ攻めてくる軍団を一撃で撃破した梵天兵器はすごいが、このあとどうなるのか?それにしてもベジューの心意気はいいなあ。

全8件中 1 - 8件を表示

アショーカ・K.バンカーの作品

ツイートする