ぼくらのマル危(ヤ)バイト作戦 (「ぼくら」シリーズ)

著者 :
  • ポプラ社
4.00
  • (21)
  • (15)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 176
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591096741

作品紹介・あらすじ

中学二年二学期の秋、安永は療養中の父親のかわりに、きついバイトで家計を支えていた。それを知った相原、英治、久美子らは一致団結、「安永を助けよう」と、自分たちでもできるお金もうけ作戦を練りはじめる。占い師になりすましたり、生徒を守るアンポ・クラブを結成して会費を集めたり、なにかとヤバいバイトをこなしていたある日、なんと、本物の殺人事件に出会ってしまった…。笑いとスリルと冒険がいっぱいの、大人気痛快学園ストーリー第7弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中学二年二学期の秋、安永は療養中の父親のかわりに、きついバイトで家計を支えていた。それを知った相原、英治、久美子らは一致団結、「安永を助けよう」と、自分たちでもできるお金もうけ作戦を練りはじめる。占い師になりすましたり、生徒を守るアンポ・クラブを結成して会費を集めたり、なにかとヤバいバイトをこなしていたある日、なんと、本物の殺人事件に出会ってしまった…。笑いとスリルと冒険がいっぱいの、大人気痛快学園ストーリー第7弾。

  • 友情に感動したのと、英治と相原を客観的に見ると双子ってところが好き♡
    ひとみとの恋もどうなるのか♡

  • 面白かった‼️

  • 話がうますぎるところがあるけれど、おもしろかった。
    殺し屋をやっつけられる中学生って…(^_^;)
    いや、お母さんはだませないでしょ。とかツッコミながら読んだ。

  • 巻を追うごとに面白くなっていく。色々なバイト、最初はあれこれ広げすぎ?って思ったけど、ちゃんとつながったー。

  • 常に笑いとスリルどころの話じゃないけど惹き付けられます。

  • これはホント楽しい!!!

    バイトが面白いvv

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1928年東京生まれ。1937年~45年まで愛知県で暮らす。日本大学芸術学部卒業。シナリオ製作、編集者などを経て、1979年作家デビュー。85年に刊行された『ぼくらの七日間戦争』は映画化され、中高生を中心に圧倒的な人気を呼ぶ。主な作品に『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする「ぼくら」シリーズ、「2A」シリーズ、「東京キャッツタウン」シリーズ(角川つばさ文庫)など多数。

宗田理の作品

ぼくらのマル危(ヤ)バイト作戦 (「ぼくら」シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする