ふしぎメッセンジャーQ 思い出はブラックボックスに (ポプラ物語館)

著者 :
制作 : 下平 けーすけ 
  • ポプラ社
3.14
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591097779

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  使いっ走りという名の便利屋をやってる小学生男子と、その相棒(?)の女子中学生のお話。
     いきなり2巻から読んでしまったけれど、おもしろかった!
     小学生男子のキャラがいい。
     スゴく冷静で、子どもとは思えない感じ。
     マリア探偵社のカオリンとは違った魅力。
     飽くまでも仕事を成し遂げることに重きを置いていて、下手に熱血にはならない。
     ムッとして言い返そうとしても、それは心の中を留め、冷静に切り返す。
     渋柿信介を思い出す。

     でも、残念だったのは、金庫の中身の持ち主の件。
     こんなにクールなお話なのに、ここだけ非現実的とか…。

  • (2013-08-03)

全2件中 1 - 2件を表示

斉藤洋の作品

ふしぎメッセンジャーQ 思い出はブラックボックスに (ポプラ物語館)はこんな本です

ツイートする