ワーキングプア―日本を蝕む病

制作 : NHKスペシャル『ワーキングプア』取材班 
  • ポプラ社
3.64
  • (29)
  • (43)
  • (80)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 273
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591098271

作品紹介・あらすじ

マンガ喫茶を住処とする若者、衰退する地方都市、睡眠時間四時間のシングルマザー、死ぬまで働かざるをえない老人、貧しさを受け継ぐ子どもたち…。明日は我が身の"ワーキングプア"とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2006年にNHKスペシャルにて放送され、そして翌年に出版され、当時反響がかなり大きかった。
    しかし、あれから数年経っても格別な変化はあるのだろうか?

    ワーキングプアに陥った人が悪いのではない。
    社会が!我が国が悪いのだろう。

  • 2007年刊行。◆働いても生活保護水準以下の収入しか得られないワーキングプアの問題を、人々への取材を通じ実像に迫ろうとする。既得権打破が小泉改革や政権交代によって実現できていない以上、現段階でも実情は同じ(むしろ、リーマンショック・昨今の円高など情勢は悪化すら予想される)だろう。専門家ではないので、軽々には論じられないが、景気回復を図りつつも、正社員と非正規労働者との処遇格差の是正、高齢者への社会保障費の抑制、高額所得者への課税強化など、少しずつ皆が痛みを分かち合うシステム構築が必要なのではないか。

  • みんな頑張っている

  • 978-4-591-09827-1 230p 2007・6・21 2刷

  • 自分がジャーナリズムに興味を持つきっかけになった一冊。
    いや・・・泣く・怒る。

  • キャッチコピーの「この国は豊かな国だと思っていた」という言葉が強く残った。頑張るだけでは上がれない社会、それなら何かを変えていくしかないと思う。

  • NHKスペシャルで、同名のドキュメンタリーが放映されていました。
    改めて出た文庫版です。

    この本には日本固有の格差社会が生々しく描かれています。
    ごく一般的な生活を送っている私たちも、
    ほんのちょっとしたキッカケから、いつ困窮した生活を送る事になるかもしれません。
    一度嵌ると二度と抜け出すことの出来ない状況。
    挽回不可能な非常に危険な社会になっていることを知りました。
    「勝ち組」「負け組」などという余裕の無い、凄くギスギスした世間の風潮への警笛だと思います。
    深刻な社会問題について深く考えさせられました。

    こんな時代だからこそ、自分の価値観をしっかりと持ち、
    社会とうまく調和しながら過ごしていかねばなりません!

  • 記者たちが現実をどう伝えるかという取材過程もリアルで、日本の
    現状がはっきりと認識できる。

  • 格差について深く考えさせられる本

全56件中 1 - 10件を表示

ワーキングプア―日本を蝕む病のその他の作品

ワーキングプア―日本を蝕む病を本棚に登録しているひと

ツイートする