へんしんぶうたん!ライオンマンたんじょう! (ポプラちいさなおはなし)

制作 : きたがわ めぐみ 
  • ポプラ社
3.89
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591098882

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本当はライオンだけどそれを隠している様子がコミカルです。

  • 奥の手を。

  • ある朝、ぶうたんが目を覚ますと、
    兄のびいすけと姉のばあこが足音を忍ばせて、
    こっそりと出かけようとしていることに気づく。

    着替えてあとをつけていくと、コロロン広場には、
    みいみとりすけも待っていて、うっし~が来るのを待っているところ。

    4人は声を潜めて何か話している。

    うしろからうっし~に声をかけられ、ぶうたんもみんなもびっくり!

    みんなのあせり方が、なんか変。

    ママのたんじょうびパーティーを企画していたと知り、
    ぶうたんは大ショック!

    どうしてぼくにだけ教えてくれなかったの!!

    そうかぼくだけのけものなんだ。

    どうせぼくは、ぶたじゃないし・・・。

    ママは捨てられていたあかんぼうを、
    ライオンの子とは知らずに拾い、ぶたとして育てたのだ。

    ライオンの姿のまま外に出たら、森中大さわぎになるので、
    ママは、ぶたのへんしんセットをつくってくれた。

    ぶうたんは、それを着て、過ごしているのである。

    たんじょうびパーティーはあさってということで、
    みんなで準備をはじめたものの、
    みんなはどんどん役割を決めて動いていくのに、
    ぶうたんが何をすればいいのと聞いても、
    何もしなくていいよ、とか、何かあったらたのむよ、と言われるばかり。

    ぶうたんは、どうせぼくなんてと、
    すっかりふてくされてしまうのだが・・・。

    その後の事件で、ぶうたんは、正義感と本能を目覚めさせることになる。

    ぶうたんは、その過程で、
    自分の知らなかった自分の体のことがわかってくる。

    自分のつめが出たり入ったりするのにはじめて気づいて、
    素直に感動しているところがかわいらしい。

    この日、ぶうたんは、もうひとつ別の才能にも気づくことになる。

    このもうひとつの才能の方が、
    ライオンだから力が強いということよりももっと大切なのかもしれない。

    ふてくされていたぶうたんが、笑顔になったところもかわいい。

    自分に何かができると思うことは、素朴にうれしいことなんだ。

  • 2008年読了。

  • H20.12.22

全5件中 1 - 5件を表示

きむらゆういちの作品

へんしんぶうたん!ライオンマンたんじょう! (ポプラちいさなおはなし)はこんな本です

ツイートする