([あ]1-1)ガールズ・ブルー (ポプラ文庫)

  • ポプラ社
3.49
  • (31)
  • (32)
  • (80)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 392
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591102947

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あさのあつこさんは学生の心理をうまく描いている方だからと期待しての一冊。
    青春。
    読んだ当時、中学生だった私は高校生活を夢描くことができたかも。

  • 青春が詰まった一冊。それぞれ違うキャラクターが魅力的✨

  • 高校生になったらどう感じるのか、読んでて考える1冊だった。
    私のクラスは空気があってよかったと思った。
    理穂たちと同じ所で吹いて、身近に感じた。

  • あさのさんの作品で初めて読んだ作品でした。読むと、すごく気持ちが落ち着く作品

  • いいね!こんな青春★

    気だるいのに、それさえ楽しい!

  • 再読。
    世間的に見れば落ちこぼれの彼女たちの、それでも若さという価値を、その日常を否応なく堪能している輝きが眩しかった。
    その強みだけでどこまで行けそうな気がした、あの頃。
    女子高生である今、この瞬間は二度と返らない。
    そんな日々を思い返して、ちょっぴりセンチメンタルになりました。
    私もまだ現役女子高生のはずなんですけどね。

  • 昔、途中までなんだけどなんかで1回読んだことがあって、気になって手に入れて、最初はあ~そうだそうだこんなかんじでちょっとわくわくしたんだ、って思い出しながら読めた。

  • 図書館で見つけた本。
    あさのあつこといえばバッテリー。
    でもバッテリーはだいぶ前に読んで1冊でもういいや、ってなったので
    これはどうなんだろ…て思いながら読み始めました。

    普通の高校生の、普通の生活。
    それでもなんだかすごく高校生の持つ若さ、パワー、不安定感、不安が魅力的に描かれていました。
    登場人物もみな魅力的。
    文章も読みやすかったです。

    高校生っていいなーって思っちゃう。
    2巻も読もう。

  • 青春の独特な雰囲気があって、私が送る学校生活とあまり変わらないのに、理穗たちが光り輝いて見えた。
    なんでもない日常を輝かせるあさのさんはすごい。

  • 高校生活の青春の1ページを切り取ったかのような、ありきたりなストーリー。
    でも決してつまらなくなく、最後まで面白く読めました。
    私は高校時代こんな感じではなかったけど、高校時代を思い出して懐かしい気分になれました。

    ただ平凡な日常の話だからかもしれないけど、ちょっとインパクトに欠ける気がしました。
    記憶に残りにくい…

全34件中 1 - 10件を表示

([あ]1-1)ガールズ・ブルー (ポプラ文庫)のその他の作品

ガールズ・ブルー (文春文庫) 文庫 ガールズ・ブルー (文春文庫) あさのあつこ
ガールズ・ブルー Kindle版 ガールズ・ブルー あさのあつこ

あさのあつこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

([あ]1-1)ガールズ・ブルー (ポプラ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする