今朝子の晩ごはん (ポプラ文庫)

著者 :
  • ポプラ社
3.11
  • (0)
  • (9)
  • (25)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :82
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591102985

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で。
    なんだろう、やっぱりブログの書籍化って合わないんだなぁとつくづく思い知らされた感じです。
    時節ネタが読む時期によってずれるからかだろうか。
    ネットならばある程度の独断と偏見もそう言う人も居るのねぇと流せるところが書籍化されるとそうなのか?と懐疑的になるからなのか。
    うん、気を付けよう。

  • エッセイ。合わないな…と思いながら読んでいた。

  • わー10年前からか…と感慨深く読み進める
    このまま舌鋒鋭く政権やら世相やらなんやらといろいろ切り捨て続けてほしいけどはてさて
    もっちり豆腐食べてみたい

  • 914.6

  • ☆3 容
    気負わず読めるけどちょっと考えさせられる話題もあり、日記当時の世相を振り返る懐かしさあり、ときどき笑える著者の皮肉あり、なので疲れた日の活字補給に読むといい。

    ☆3 水無瀬
    短いながらひとつひとつ読む度に咀嚼が要るので良い刺激を得られる。巻末に萩尾望都のガラパゴス紀行漫画つき。

  • 2012年2月西宮図書館

  • 直木賞作家松井今朝子のエッセイ集。
    その日の日付、晩御飯とその来歴(時に簡単なエッセイ)に始まり、その時の時事問題から、芸能批評、趣味の乗馬や自分の家に関することを綴ったエッセイ。舞台評はさすが、でエッセイなのにかなり読み応え有り。続きも楽しみ。

  • 通常進行なら一気読みな感じの本だが、ぐずぐずかかった。引用したいところ多すぎだし、レシピ満載だし、手元に置いておく。

  • さらーっと読めて楽しい。ご飯もおいしそう。キューピーはこんなに取り上げられて感謝すべきかもと思ったりする。

  • 同名HPは愛読している。ちょっと古いのを紙でまとめて読んでもおもしろかった。しかしちょっと古いだけなのに、まったく忘れ去っていること(叶姉妹の妹の失踪!Wとか)が結構あった。

全19件中 1 - 10件を表示

松井今朝子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
宮下 奈都
三浦 しをん
中島 京子
又吉 直樹
万城目 学
有効な右矢印 無効な右矢印

今朝子の晩ごはん (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする