ケロリがケロリ (いとうひろしの本)

  • ポプラ社
3.37
  • (2)
  • (4)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591103340

作品紹介・あらすじ

おたまじゃくしのケロリは、りっぱなしっぽのおかげでこわいものなしでした。おおきくなったら、おうさまになってやるぞ。ところが、あるひじまんのしっぽが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2011/6/8

  • [墨田区図書館]

    待っている間に一人でよんでいた本。
    いばりんぼう?のりっぱなしっぽをもつケロリが、しっぽをなくしてどうしたか?

    オタマジャクシからかえるへの変態、足の生える順、自慢なものがなくなったりかわったり、その時の気持ちと対応、ただ楽しく読むだけでなく、知識も気持ちも学べるね。

  • はるがやってきました。池のそこでは、おたまじゃくしが元気におよいでいます。そのなかでいちばん元気なおたまじゃくしがケロリです。ケロリはみごとなしっぽをもっています。ところがだんだんしっぽがみじかくなり、なくなってしまったから、さあたいへん。ケロリはどうなってしまうのでしょうか?(約5分)

  • 絵が、結構、印象的ですよねぇ。内容も面白いですが、それ以上にやっぱりイラストが印象的で、驚きました。

  • ずっとおたまじゃくしのままだと思い込んでいるケロリの様子がほほえましいです。

  • おたまじゃくしが カエルに成長

  • みんなより優れているつもりでも、いつの間にかみんなとたいしてかわらない。みんな一緒なんだ。自分だけが変なんてことはないんだよ。そんなメッセージな絵本です。

  • 池の中で一番大きいおたまじゃくしのケロリには、怖いものがありません

    魚にだって、亀にだって、ザリガニにだって、自慢の尻尾があれば負けません

    でも、その自慢の尻尾がだんだんなくなってしまって・・・・どうしよう

  • おたまじゃくしのケロリは、大きなしっぽが自慢です。将来は池の王様になるつもりです。とくいになっていばっていましたが…そのうち、だんだんしっぽが縮んできたのです! さあたいへん!
    普通のカエルになったケロリは土の中にもぐって隠れてしまいますが、外からは楽しそうなカエルの合唱がきこえます。気持ちをケロリ?ときりかえて、みんなといっしょに歌いましょう。

    生き物たちが特徴的なタッチでかかれた絵本です。
    内容としては「神童も大きくなれば、ただの人」過去の栄光にとらわれず、気持ちを切り替えようってことかな、ととらえているのですが。
    おたまじゃくし→かえるって、結構変化大きいですよね。色も形も生活も。改めて気づきました。

  • おたまじゃくしのケロリのお話。
    大きくなるにつれ、いろいろと心の変化が…。

    低学年の子に読み聞かせるのにぴったりです。
    絵は表紙のとおり見開きいっぱいにはっきりと大きく描かれ、
    文章もリズミカルで読みやすいし聞きやすいです。

全16件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1957年、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒。大学在学中より絵本の創作をはじめ、1987年、絵本『みんながおしゃべりはじめるぞ』でデビュー。ユーモラスで温かみのある作風の絵本や幼年童話を発表しつづけ、幅広い読者に支持されている。作品に『ルラルさんのにわ』(絵本にっぽん賞)、『おさるのまいにち』『おさるはおさる』(ともに路傍の石幼少年文学賞)、『おさるになるひ』(国際アンデルセン賞国内賞、産経児童出版文化賞)、『おさるのもり』(野間児童文芸賞)、『だいじょうぶ だいじょうぶ』(講談社出版文化賞絵本賞)、「ごきげんなすてご」シリーズ、『おつきさまのやくそく』など多数がある。

いとうひろしの作品

ツイートする