([か]2-1)てのひら怪談 (ポプラ文庫)

制作 : 加門 七海  東 雅夫  福澤 徹三 
  • ポプラ社
3.38
  • (7)
  • (11)
  • (16)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :95
  • レビュー :21
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591103524

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 玉石混交だ。巻末の解説で既に布石を打たれた感があるが、怪談と言うわりに怖くなく、訳のわからないものもあった。800字以内の怪談を公募して「傑作選」と謳う割にお粗末なものもあった。しかし、夜中に一人で風呂で本書を読んでいると、たま~にぞくっとするような内容の怪談もあったり……

  • 八百字という制約の中で描かれたさまざまな「怪談」を集めた一冊。笑えるのや、ほっこりするのや、シュールなのやら、読み心地も人によって様々です。もちろん、怖いと感じるものも人それぞれの一作があるのでは。
    お気に入りは「カオリちゃん」。やっぱりこういうのが一番怖く思えてしまいます。でもむしろ曲もつけてみたいような……。
    「テスト」も怖いなあ。こういう場所ってなんとなくありそうな気がするだけに余計にリアルな恐怖を感じました。

  • 不思議な話、ぞっとする話、童話のような話。
    よくも800文字でここまで…というものばかり。

    身近にありそうで怖いのが、いこうと誘われた
    プラットホーム。
    川で石を拾ってきてはいけない、というのも
    よく聞く話です。
    猫好きに、猫の…はぞっとします。
    マザーグースのようなものもありました。

    どれもこれも短いので、ついもう1話、と
    読み進めてしまうのが難点です。

  • ちょっと違うのが一番怖い

  • 正直、気持ち悪い。ぞーっとする話より、気持ち悪いという印象が強かった。

  • ネット上で2003年より毎夏開催され、大反響を巻き起こしている「ビーケーワン怪談大賞」の名作佳品が一冊に!大の怪談好きで知られる3人の編者が、腕によりをかけて選んだ100編に加え、文庫オリジナル書き下ろし作品8編も収録。

  • 妄想ホラーがメインで、あまり盛り上がらなかった。

  • 2003年から4年間に刊行された「てのひら怪談集」の傑作選。新作も数点あり。
    100作品を読むと自分好みの怪談(傾向)があるので、「自分はこういう怖い話が好きなんだな」と客観的に理解できます。

  • 2010/3/28売却

  • 見開き二ページで1話読めるので、とても読みやすい。

全21件中 1 - 10件を表示

([か]2-1)てのひら怪談 (ポプラ文庫)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
森見 登美彦
小野不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

([か]2-1)てのひら怪談 (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

ツイートする