腸が死んだら、人は死ぬ―整腸が人類を救う

著者 :
  • ポプラ社
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591103821

作品紹介・あらすじ

腸の健康をわかりやすく解いた6章。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本のタイトルが、ちょっと過激ですね。
    「腸が死んだら、人は死ぬ」ですか・・・腸のところに別の臓器、例えば心臓とか脳とか腎臓とかどの臓器をいれてもよいですね。
    でも同じチョウでも「ブ長が死んでも、会社は死なない(倒産しない)」です。
    中小企業のワンマンなシャ長の場合は死ぬかな。
    ヒトの身体は各臓器のネットワークにより成り立っていて、どの臓器もとても重要な役割を果たしているということですね。

    http://ameblo.jp/nancli/entry-11582118643.html

  • 腸死という言葉をこれで知った。

全2件中 1 - 2件を表示

村田博司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする