タッジーマッジーと三人の魔女―魔法の庭ものがたり〈4〉 (ポプラ物語館)

  • ポプラ社
4.41
  • (23)
  • (10)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 167
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591105313

作品紹介・あらすじ

ジャレットは、仲のよい友だちと、村のフェスティバルの日に、自分たちだけのお店をだす相談をはじめましたが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ◆ジャレットは、仲のよい友だちと、村のフェスティバルの日に、自分たちだけのお店をだす相談をはじめましたが…。


    (^^)<Comment
    シリーズ4作目★

    ●すっかり親友同士のジャレット、スー、エイプリル。
    ●タッジーマッジーってなんだろう?人の名前?と思って読み始めた。
    ●村のフェスティバルで3人でお店を出そうということになるんだけど、なんのお店を出すかでもめて、大喧嘩…。
    ●3人娘にトラブルはつきもの。お話を面白くしてくれるよね!
    ●きつねのハルに依頼を受けて、ジャレットは恋薬を作ることに…。
    ●タッジーマッジーは、ハーブでつくるブーケのことでした♪ これに恋の気持ちを込めて、ハルのためにすてきな恋に効くタッジーマッジーを作ることに!
    ●6匹のネコのタッジーマッジーもいい香り♪
    ●スー、エイプリルと仲直りしたいジャレットは、3人を表したタッジーマッジーを作って、スーとエイプリルにプレゼント♪3人は無事に仲直り!
    ●3人は村のフェスティバルで、タッジーマッジー屋さんをすることに!
    ●最後の最後に、憧れていた花嫁ブーケの依頼を受け、3人は花嫁によく似合う白いすずらんとサムシングブルーにちなんだ青い花ですてきなタッジーマッジーを♪

  • いろいろな想いが込められたタッジーマッジーはとても素敵です。どんな香りかかいでみたいなって思いました。

  • なるほど、星座の花!これはいいこと知りました。それにしても、毎回、乙女心をくすぐります。

  • 4作目。村で開かれる二日間のフェスティバルに、ジャレットたち三人も何かお店を出すことにしました。ところが皆の意見が合わずに喧嘩してしまいました。その夜のこと。ジャレットの薬屋さんにキツネの男の子が胸が苦しいとやってきました。お話を聞くと、どうやら恋の病。恋の病に効く薬は…?レシピブックで目に留まったのは、タッジーマッジーというハーブの花束でした。

    とてもかわいいお話です。花言葉や12星座のおまもりハーブについて詳しくなれました。魚座はしょうが。キツネの男の子の想い人はおうし座でセージ。男女逆ですが、うちと一緒でちょっと嬉しい気持ちになりました。

  • かわいい。
    花束がキーポイントになっているお話です。
    花はハーブや野草が主です。
    花言葉の辞典、ハーブの本と組み合わせておきたい。

  • かわいい三人の魔女のお店に行ってみたくなった。とてもきれいな花束をもらいたい。

  • 149

  • タッジーマッジー(花束)のおはなし。
    女の子は好きだよね、やっぱりこのシリーズ。
    あと、ハーブ植物に興味もっていいかも。

    私もすき。

  • 2010年7月14日

  • 「どうやってさかせたの? ジャレット。まるで魔法をつかったみたい」
    「そうよ、恋の魔法をつかったの。むかしからある魔法」

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

【あんびるやすこ・作・絵】  群馬県生まれ。東海大学日本文学科卒業。テレビアニメーションの美術設定を担当。その後、玩具の企画デザインに携わり、絵本、児童書の創作活動に入る。主な作品に、「魔法の庭ものがたり」シリーズ(ポプラ社)、「こじまのもり」シリーズ『せかいいちおいしいレストラン』(ひさかたチャイルド)、「ルルとララ」シリーズ、「なんでも魔女商会」シリーズ、「アンティークFUGA」シリーズ(岩崎書店)『妖精の家具、おつくりします』『妖精のぼうし、おゆずりします』(PHP研究所)などがある。

あんびるやすこの作品

ツイートする