([え]2-1)怪人二十面相 江戸川乱歩・少年探偵1 (ポプラ文庫クラシック)

著者 :
制作 : 平井 憲太郎 
  • ポプラ社
3.87
  • (61)
  • (72)
  • (71)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 650
レビュー : 86
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591106198

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 怪しい、と思ったところはその通りの結果になり、さすが児童文学、素直な展開。
    最後のシーンはホームズ『緋色の研究』へのオマージュ?
    挿絵の味があって良い。小林少年はいきなり発砲するなど少し無茶をする。

    MVP:なし

  • ドリトル先生シリーズの次にはまったのはたぶんこれだと思う。最初は単純に推理ものとして読み始め、次第に何となく怪しげな乱歩ワールドにズルズルと。

    乱歩が実は大人向けのエログロ小説家でもあったと知ったのはもう少し後になってからです。

  • 子供のころ夢中になり読んだ。
    映像や匂いさえ浮かび、ドキドキしながらむさぼった。

  • 中学校の入学試験の国語の問題で紹介文を書いた本。

  • 少年探偵団シリーズ1冊目。探偵7つ道具が出てきたり、ラストの大捕物も少年探偵団大活躍でワクワクがいっぱい。
    東京駅の鉄道ホテルでの二十面相と明智の対決は鮮やかで格好いいですな。(2012年に東京ステーションホテルが復旧工事が終わって営業再開するので、ぜひ聖地巡礼したくなりました)

  • 名探偵・明智小五郎と助手の小林芳雄を団長にした少年探偵団、そして敵対するは予告状をだし美術品などを盗む怪人二十面相。
    1964年発行、私の子どもの頃には小学校の図書館には必ずあった本で、ハマる子は全集をかたっぱしから読んでいました。
    1巻では、二つの事件からなり、はじめは明智探偵が外国に行って不在なため、小林少年が事件を解決する。二件目では名探偵明智小五郎が登場し、二十面相はついに警察に捕まる。
    ちなみに、表紙の観世音のかぶりものをした男の子が小林少年で、怪人二十面相をだました変装。・・・いや、バレるんじゃね?

  • もちろん、日本のミステリーも忘れてはなりません。
    でも、私には、挿絵がリアルすぎて、怖くて眠れなくなったので、全巻読破はできなかったな。くすん。

  • 小学生の頃、一番初めに読んだ推理ホラー小説です。

  • 子供の頃読んだ少年探偵団シリーズが挿し絵もそのままに文庫で復活したのは何とも感慨深いです。
    本当に大好きだったので、小学生の頃は図書館で借りては1日に3冊くらい読んで、全作読み終わればまた借り直して飽きることなく繰り返し読んでました。
    いつかは、当時読んでいた装丁のシリーズを買い揃えたかったのでコンパクトな文庫版は大変有難かったです。

  • 警察からも一目置かれる稀代の名探偵・明智小五郎とその助手・小林少年、そして頼りになる少年探偵団は、今日も今日とて殺人事件や誘拐事件の解決に勤しみ、噂の盗賊・怪人20面相との対決にも敢然と挑むのでありました!


    そんな内容^^←


    小学生の頃に夢中で読みふけったなあ…
    展開はいっつもビックリするくらい同じなのに、毎回「20面相めー! 小林くんはお前なんかに負けないぞー! 明智先生早く来てー!」てドキドキしながら読んでたなあ^p^

    文庫本になってるのを見てバイト中立ち読み←したら、うん…年を取っちゃったなあってシミジミして、ソッと元の場所に戻しました。切ない。


    どうでもいいけど、陣内孝則の明智探偵シリーズが怖かった…ピエロは未だにトラウマ…

全86件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

([え]2-1)怪人二十面相 江戸川乱歩・少年探偵1 (ポプラ文庫クラシック)のその他の作品

江戸川乱歩の作品

ツイートする