拝啓 十五の君へ

制作 : NHK全国学校音楽コンクール制作班 
  • ポプラ社
3.65
  • (5)
  • (7)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591108819

作品紹介・あらすじ

平成20年度の「NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部」の課題曲「手紙」。アンジェラ・アキさんが十代のときに「30歳の自分」にあてた手紙をもとにつくられた曲。「大人にとってはたいしたことのない悩みでも、十代にとっては大問題。たくさんの悩みや不安を抱えている十代に『大丈夫だよ』と伝えたい」というアンジェラさんの思いは「手紙」とともに全国の中学生に伝わっていき、その様子を描いたドキュメンタリー番組は幅広い層に大きな感動の輪を広げました。本書は、そのすべてを一冊にまとめあげたものです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 平成20年度の「NHK全国学校音楽コンクール」の中学校の部の課題曲が、アンジェラ・アキさんの『手紙』という曲だった。
    中学生たちの曲に込めた熱い思いが伝わってきて、TVの前で感動した人もさぞ多かったのでは。
    アンジェラさんがこの曲をひっさげて、全国の中学生たちの元にじかに訪れた際のドキュメンタリー番組も実に心を動かされるもので、涙もろい私は何度涙を流したか数え切れない。
    これは、そのすべてを一冊にまとめたもので、曲が完成するまでの逸話もおさめられている。
    ああ、十五の頃はこんなことで悩んでいたんだなぁと、はるかな思いに浸りながら涙、また涙。
    おかげで、読み終えたらティッシュの山が出来ていた(笑)。

    海を渡って会いに行った五島の中学生たち。
    たったふたりの部員で構成される、とある合唱部。
    行く先々での出会いの中で、アンジェラさんの慈愛に満ちた人柄に触れることが出来る。
    大人から見たら「なんだ、そんなこと」という類の悩みでも、彼ら・彼女たちは全身で悩んでいて、それは成長しなければならない年頃ならではの痛みなのだ。
    身体に、眠れないほどの成長痛があるように、心にもそれがあるのだと、もしも未来の自分が教えてくれていたなら。

    【負けそうで泣きそうで消えてしまいそうな僕】は、あなたであり、私もである。
    そして、【人生のすべてに意味がある】ということも、そこを真剣に通り過ぎなければ感じ取ることは出来ないのだ。

    末尾に、番組宛に届いた手紙がいくつか紹介されている。
    その中にも十五の頃の自分が投影されていて、しばしばページをめくる手が止まってしまう。
    前述した『アバド・・』と共に中学生向けのブックトークに使用したもの。
    最後には持参したアンジェラさんのCDを聴き、「皆さんも未来の自分に宛てて手紙を書いてみませんか?」として終わったのだが、さて、みんなの気持ちに届いたかな?

    • nejidonさん
      ohsuiさん、こんにちは♪
      コメントありがとうございます。
      そうなのです!この本がどうしても借りられなくて・・・(涙)
      中学生たちだし舞台は五島だし、何よりも「手紙」というキーワードで繋がるし。
      『卒業の歌』よりもはるかにおすすめだったのだですが、残念。
      ま、来年の合唱コンクールに向けたブックトークで使うことにします。
      まさかそれまでには借りられるでしょうから。

      こちらの本は、小説ではなくドキュメンタリーです。
      お読みいただけたら嬉しいです。
      2014/10/30
    • mkt99さん
      nejidonさん、こんにちわ!

      アンジェラ・アキのあの曲の背景にはこんなことがあったのですね。
      自分も聴きなおしたいと思います!
      2014/10/30
    • nejidonさん
      mkt99さん、こんにちは♪
      コメントありがとうございます。
      CDがお手元にあるのでしたら幸いですね。
      ワタクシ、中古のものを今回買い求めました。
      どちらか単独のレビューは難しい(むしろ物足りなく感じて)ので、
      本とCDと両方合わせてのレビューとなっています。
      未来の自分に宛てて手紙を書き、その未来の自分から現在の自分に返信が来る。
      そんな発想そのものが、アンジェラさんがただものではないという証拠です。
      歴代の課題曲の中でも出色ですよね。
      ぜひぜひ聴いてみてくださいませ。
      2014/10/31
  • 職場の同僚がオススメ図書として購入してきた一冊。1時間で読めました。思った通り良かった。でも思った通りなだけだった。もう一歩、欲しかったなあ。2人のコンクールの話は素晴らしかったけど。曲を聴きたくなったよ。

  • 書籍番号
    M110130-056-9784591108819

  • 良かったけどなんか足らない!!

  • 請求記号:767.4/ハ
    資料番号:011130432
    「平成20年度NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部」の課題曲『手紙』を通して、アンジェラ・アキさんと中学生との交流の記録が綴られています。今の中学生が抱えている悩みや苦しみ、自分って何ですか?という質問に共に涙しながら真剣に答えてくれています。悩み多き中学生には共感できる1冊だと思います。

  • 多感な年齢の生徒たちに
    アンジェラ・アキさんが直接出会ってゆく…
    この時期は本当にいろんな面で
    悩み、時に絶望に打ちひしがれてしまうことが
    ありますからね…

    読んでいて遠い昔を思い出しました。
    本当、時はたつものです。

  • 衝動買い。でもやっぱりこの手の本は泣きそうになる。

  • 大好きな曲、「手紙」の裏側を知れた。
    アンジェラさんと中学生の心のふれあい。
    私も未来の自分に手紙を書いてみたい。書かせてみたい。

  • TVは見てないし、実は「手紙」もよく覚えていない(笑)が、何度も涙を流してしまった。
    自分が15歳の時の合唱コンクールとか思い出した。
    青春っていいねぇ。

  • 実家の父が
    「テレビ見て久しぶりに泣いた」
    と言っていた番組
    それが、『手紙』という歌を通じて始まった
    アンジェラ・アキさんと中学生の交流のドキュメント

    私もアンジェラさんの『手紙』を初めて聴いたとき
    あの歌詞に激しく胸を打たれたので
    見ていなかったことを悔やんでいたのですが
    かなりの反響だったのか、なんと本になっていました
    たまたま本屋で見つけたので思わず購入

    生の笑顔や涙を見られるテレビの方が
    きっともっと感動するのだろうけど
    これを読んでいるだけでも、もう涙が止まらなかった

    時代が変わっても、
    中学生が悩んだり苦しんだりする時期なのは
    昔も今も変わってなくて
    でも大人になっても
    苦しさや悲しさは避けて通れなくて
    みんな、悩んだりもがいたりしなから
    一生懸命生きてるんだなって
    つらいのは自分だけじゃないよねって
    改めて思った

    いまだに『手紙』を聴くたびに涙腺がキュッてなる
    半端ねぇです、あの曲

全11件中 1 - 10件を表示

拝啓 十五の君へはこんな本です

ツイートする