あかちゃんが うまれたら なるなる なんに なる? (絵本・いつでもいっしょ)

  • ポプラ社
4.16
  • (8)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 62
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591108987

作品紹介・あらすじ

あかちゃんがうまれたら、おとうさんとおかあさんとわたし、どうなったとおもう?あかちゃんがうまれたら、わたしたち、あたらしいかぞくになるんだよ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あかちゃんがうちに来たら、
    それぞれ、みんな何になる? どんなふうになる?

    と、いろいろな立場、角度から見せてくれる。
    ユーモラスに描かれているけれど、あかちゃんをみんなで迎える暖かさを感じることができて、とてもよい絵本だと思う。

  • 2人目が生まれる直前から 上の子が赤ちゃん返りになった事を思い出した!大変だったなぁ〜(汗)

  • 妹や弟が産まれる時に、上の子に読む絵本はいろいろありますが、これが一番 好きです。こどもも喜んでます。とくに、うんちをして「してる?」「してる」とお母さんとお姉ちゃんが話してるところ ^^

  • 3分43秒。子どもの成長、家族の成長、みんな少しずつらしくなっていくのです。

  • 赤ちゃんが産まれた!
    だから私は「お姉ちゃん」に
    お母さんは毎日おおいそがしになるし
    お父さんはお母さんにとっても優しくなる
    赤ちゃんが寝ている時、私達は忍者になるし
    うっかり赤ちゃん言葉にもなる
    愛情たっぷり微笑ましい1冊

    幼児~
    自分:小低~

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

静岡県三島市生まれ。『ペンギンの本』(講談社)で講談社出版文化賞受賞。主な著作に『K・スギャーマ博士の動物図鑑』(絵本館)、『ぼくのおべんとう』『みーせーてー』(アリス館)、『ぼくだけのこと』『ほんちゃん』(偕成社)、『どんぐりころころ おやまへかえるだいさくせん』(赤ちゃんとママ社)、『フェルムはまほうつかい』(小学館)、『ぼくのまちをつくろう!』(理論社)他多数。

「2019年 『あいうえあそぼうとしょかんで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スギヤマ・カナヨの作品

ツイートする
×