([は]1-3)結婚 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)

著者 :
  • ポプラ社
3.05
  • (1)
  • (11)
  • (41)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 160
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591109175

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初めて林真理子さんの本を読んだけど、人間の薄暗い影の部分みたいなものの表現が上手いなと思った。
    ただもう少し明るい部分も見たかった。
    読後はもやっとしてしまった。

  • 短編集。 
    なんか。昔の本ぽく書くのが好みなことがあったのかな?

  • 読みやすい短編集。結婚の一瞬の光があまりに強くて、陰も同時に濃くて、それでもその光に惹かれてみな結婚をするのか。

  • 結婚したい。
    多くの女性は、自分の人生のゴールの1つに結婚があるだろう。

    この本には、色々な結婚の模様が描かれている。
    結婚に正解はない。
    そして、もちろん、人生幸せな毎日が続くわけでもない。

    光の強いものには、必ず陰の陰が存在するということを結婚というキーワードを使ってうまくまとめられている一冊だ。

  • 今月で結婚して半年。お互い妥協してるとこもあるだろうけど、基本的にはうまくやってる。と思ってるのは私だけだったりして。題名のわりに不倫の話も多い。どちらかというと、結婚は妥協してするものっていうスタンス。

  • ちょっと昔の感覚の話が多かったかな。
    どの話も男女どちらかの立場がかなり上の主観から書かれている気がした。
    でもあくまでそういう文章であるが実際は下に見られていたというようなところもあって嫌いではない。
    短編はおなかいっぱいになりました。

  • 林真理子らしい、短編集。
    この人の作品は、あれ、前に読んだかも、と思わせるよう似たり寄ったり。
    どの短編も、「起承転結」の「起承」で終わるような、大きな起伏のない物語り。

  • 結婚というか、性の話がメインじゃないか。

  • 林真理子の衰えない人気は女のこれでもかというイヤな側面、嫉妬や妬み悲しみ怒りなどさまざまな感情をあまりに上手く登場人物に語らせるがゆえに誰しもそういう隠しもっているものを女性読者思い出し共感するのだろう。

  • 目次: 披露宴/この世の花/笑う男/トロピカル・フルーツ/前田君の嫁さん/真珠の理由/見て、見て

    同僚の結婚式に、白いドレスを着てきてしまった晶子。人妻でありながら淡いアバンチュールに身を焦がすマチ子。農家に嫁いできた前田君のお嫁さんには誰にも言えない秘密が─。彼女たちの結婚にはひとつとして同じ形はない。リアルな結婚模様を、生き生きと描いた贅沢な短編集。

    結婚というテーマは興味があった。結婚・浮気・不倫や、女だけじゃなく男の視点からも書かれているのが興味深い。
    やっぱり結婚すると、男は妻に興味がなくなるものか・・・?(悲)

全26件中 1 - 10件を表示

プロフィール

林 真理子(はやし まりこ)
1954年、山梨県山梨市生まれ。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。
コピーライターとして活動後、1982年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、デビュー作ながら話題になる。1986年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞。
現在、直木賞、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞の選考委員を務めている。

林真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
林 真理子
村上 春樹
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする