ボロを着た王子様

著者 :
  • ポプラ社
3.65
  • (3)
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591109212

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013/04/16
    移動中

  • 部落差別。


    普通に生活していると意識することはない。


    でもまだそういう考えが残っているということ。


    どういう経緯で、どういう差別を受けているのかということ。


    そういうことは知識として知っておく必要があると思った。

  • 閲覧室  779.5||ムラ

  • 反省猿「次郎」で一世を風靡した猿回し師村崎太郎さんのカミングアウト本。何をカミングアウトしたかって?それは村崎さんが被差別部落出身だっていうこと。同和教育を何年もしてきて、このざまだ。日本人の差別意識はまったくもって根強いものがある。中学生の頃、島崎藤村の「破戒」を読んで激しい憤りをおぼえた。この差別はいまだに無くなってはいない。当事者でなければ、わからない厳しい現実なのだろう。

  • 猿回しの芸
    太郎次郎の「反省!」で一斉を風靡した村崎太郎の小説風のノンフィクション物語。

    部落差別による苦しい環境の中、
    太郎の周りの人達の温かい言葉と、太郎の強い信念でどんどん世の中にインパクトを与えていく物語。

    「一生懸命やらない奴の人生はつまらんのじゃ」


    読んだ人に勇気を与えてくれる物語です。

全6件中 1 - 6件を表示

村崎太郎の作品

ボロを着た王子様はこんな本です

ツイートする