とびらをあければ魔法の時間 (新・童話の海)

著者 :
制作 : 高橋 和枝 
  • ポプラ社
3.64
  • (3)
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :52
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591110416

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  バイオリンのレッスンをさぼって、知らない駅の知らない町で見つけた不思議なお店、すずめいろ堂。すずめいろ時のそのお店で、本を開くと…。
     『彼岸花は…』がさっと読めなかったために、何となく敬遠していた朽木祥さんの本。こちらはすんなり読めた。バイオリンではないけれど、主人公と同じように、練習しても失敗して、延々と同じ曲のレッスンで、何だかちっとも楽しくなくなってしまうという体験をしたことがあるからかな。“雀色時”=夕暮れ時、たそがれ時。造語?と思ったら、辞書にちゃんと載っていた。

  • 児童書。似たような童話を読んだ気が、、、、、、

  • 恥ずかしながら「雀いろ時」を初めて知る。
    すずめいろ堂……
    この人の作品は大好き。
    児童書でありながら、
    見え隠れする作家さんの趣味嗜好が好き。

  • ヴァイオリンの稽古。書架と菓子。

  • とびらをあければ・・・? 不思議な世界に突入! というのはみんなの憧れなのかな。

  • 2010/1/3

全6件中 1 - 6件を表示

朽木祥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
蜂飼 耳
濱野 京子
くすのき しげの...
きたむら さとし
ポール・フライシ...
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

とびらをあければ魔法の時間 (新・童話の海)はこんな本です

ツイートする