([え]2-16) 魔人ゴング 江戸川乱歩・少年探偵16 (ポプラ文庫クラシック)

著者 :
制作 : 永井 豪 
  • ポプラ社
3.16
  • (2)
  • (2)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :68
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591110553

作品紹介・あらすじ

井上くんとノロちゃんが銀座通りを歩いていると、「ウワン…ウワン…」という、教会の鐘のような音とともに銀座の夜空いっぱいに巨大な顔が広がった。それはとてつもない事件の前触れだった。明智探偵の美しい少女助手、マユミの身に危険が迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 井上くんとノロちゃんが銀座通りを歩いていると、「ウワン…ウワン…」という、教会の鐘のような音とともに銀座の夜空いっぱいに巨大な顔が広がった。それはとてつもない事件の前触れだった。明智探偵の美しい少女助手、マユミの身に危険が迫る。
    【巻末エッセイ/永井豪】

  • 子供向けの工夫が読んでいて面白い。読者を惹きつけると同時に、子供の読者の手を引っ張っていってる気がした。ミステリーの仕掛けも大胆なところがいい。

  • 今回、いつもの犯人のお方はいいところが全くなかったような。
    あとマユミさんを襲うゴングが変質者にしか見えない。

  • 大掛かりな仕掛け!!こんなの実際やったらどうなるんだろう??と思うと割と好きな話のひとつ。

  • 最近このシリーズを読んでて思うんだが...四十面相がいろいろカラクリを作るのはいいが,どうも成功した試しがない."ROI 悪すぎね?"

  • 小林少年、女装するの巻。(←それ以外に何と言えば!) あとは伝書鳩有能!
    二十面相の今回の仕掛けはかなり大掛かりでしたね。

  • 1957年発表

  • 2010.05.23読破

    巻末エッセイ/永井豪

  • 明智探偵の美しい少女助手が初登場!

    小林少年は、発見が数時間遅れていたら、確実に死んでいたであろう、絶体絶命の危機。今の時代なら小林少年に指示を出した明智探偵は「未成年保護法」違反で確実に社会的に抹殺されていたような状況。

    今回の魔術のトリックは、騙される観客の感覚を疑ってしまう、いくらなんでもちょっとお粗末でないのかなぁ。。。

    (2010/1/13)

  • 「ウワン ウワン ウワン」の音とともに現れる魔人ゴング。彼が狙うのは明智の助手マユミさん。
    マユミさん、俊一君を誘拐しようと狙うゴング。小林少年の変装。チンピラ別動隊の活躍。
    いなかじいさんの謎。

     2009年7月21日初読

全12件中 1 - 10件を表示

([え]2-16) 魔人ゴング 江戸川乱歩・少年探偵16 (ポプラ文庫クラシック)のその他の作品

江戸川乱歩の作品

([え]2-16) 魔人ゴング 江戸川乱歩・少年探偵16 (ポプラ文庫クラシック)はこんな本です

ツイートする