([え]2-18)奇面城の秘密 江戸川乱歩・少年探偵18 (ポプラ文庫クラシック)

著者 :
制作 : 寄藤 文平 
  • ポプラ社
3.50
  • (3)
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :74
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591110577

作品紹介・あらすじ

名探偵・明智によって刑務所へ送られたはずの四十面相が、いつのまにか脱獄していた。次なる標的はレンブラントの名画。四十面相が口にする「きめんじょう」という言葉にはどんな恐ろしい秘密があるのか。小林少年の切り札、ポケット小僧の大活躍が始まる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 名探偵・明智によって刑務所へ送られたはずの四十面相が、いつのまにか脱獄していた。次なる標的はレンブラントの名画。四十面相が口にする「きめんじょう」という言葉にはどんな恐ろしい秘密があるのか。小林少年の切り札、ポケット小僧の大活躍が始まる。
    【巻末エッセイ/寄藤文平】

  • 絵を盗んだ相手に放水とはかなり思い切った手段。
    虎の最後はちょっとひどい。
    そして巻末エッセイがちょっと笑える。

  • ポケット小僧が大活躍!!
    浮浪児だけど、汚らしさもなく、カッコいい。

  • 今回、ポケット小僧大活躍。かわりに小林君の影が薄かったな。レンブラントの絵画を抱えてる四十面相に、容赦なく消防車から放水する中村警部の判断、すごいですね。
    今回は四十面相を追い詰めるのにかなり綿密な下準備をしてて面白かった。

  • 1958年発表

  • 2010.06.14.読破

    巻末エッセイ/寄藤文平

  • 例によって、あっさり脱獄を果たした怪人二十面相(本書では四十面相)が狙うのは、レンブラントの名画。
    今回は、これまでもたびたび登場してきたチンピラ隊のポケット小僧が大活躍の巻でした。

    本書でわかったこと:怪人二十面相の本名は「遠藤平吉」だそうな。

    それにしても「チンピラたちは、ひまなからだですから、いくらながく待っていても、へいきなのです。」(本文よりそのまま引用)とか、奇面城の門番虎の結末は、それはないでしょう!と、哀れでした。

    (2010/2/16)

  • レンブラントの絵画を盗むと予告した二十面相。ヘリコプターでの追跡。二十面相の変装とポケット小僧の活躍。
    二十面相二十面相の秘密の拠点「奇面城」での戦い。

     2009年7月29日初読

全10件中 1 - 10件を表示

([え]2-18)奇面城の秘密 江戸川乱歩・少年探偵18 (ポプラ文庫クラシック)のその他の作品

江戸川乱歩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

([え]2-18)奇面城の秘密 江戸川乱歩・少年探偵18 (ポプラ文庫クラシック)はこんな本です

ツイートする